主要派遣会社の最新情報・キャンペーンはこのページ【2020/02/11更新】
小ネタ・ニュース

コロナウイルスによるリゾートバイトへの影響を考えてみた。観光客が減ると影響ありそう【リゾバ】

コロナウイルスの影響で日本の観光業がダメージを受けると、リゾート地や観光地のホテル・旅館などでリゾートバイトをしている人にも影響があるかもしれません。

中国の武漢(ぶかん[中国語読み:ウーハン])で2019年末~2020年1月にかけて発生した新型コロナウイルスの影響で、日本を訪れる中国人観光客が40万人減るのではないかと言われています。

また、中国政府は2020年1月27日以降の海外への団体旅行を禁止にした影響もあり、日本を訪れる中国人観光客は2~3月だけでも40万人減るのではないかといわれています。

ちなみに、2019年の2~3月に日本を訪れた中国人は約140万人ですので、2020年は前年比で30%以上も減る計算になります。

 

日本政府は2019年2月1日に武漢がある中国・湖北省(こほくしょう)地域に滞在していた外国人らの入国拒否をはじめましたが、すべての中国人を入国禁止をしてたわかではありません。

また、2月9日13時現在、日本でコロナウイルスに感染した人は25人と発表されています(※横浜の港に停まっているクルーズ船の感染者は日本に上陸していないため、日本国内の感染者数に含まれていません)。

日本は海を挟んで中国の隣にあり、国内でもコロナウイルスの感染者が確認されたこともあり、中国以外の国の人も旅行などで日本に来なくなったり、日本人でも観光客が多い場所や旅館・ホテルの宿泊をできるだけしない人がこれからさらに増える可能性が十分あると考えられます。

日本国内の観光業もすでに大ダメージを受けており、コロナウイルスの影響が3月末まで続いた場合は北海道では中国人観光客が9万人減り、損失は200億円以上、静岡ではホテル・旅館のキャンセルをした人が(日本人や中国人以外の外国人を含めて?)2月7日時点で9万人以上と発表されています。

ホテルや旅館などの観光業がこのまま経済的な被害を受けると、当然観光業で働く人も仕事が減ります。正社員は法律で守られているのですぐにクビになることはありませんが、これからリゾートバイトを始めようと思っている人が仕事を見つけにくくなったり、現在リゾートバイトをしている人のシフトが休みばかりになって全然稼げないということになってしまう可能性があります。

 

そこで、僕は関連ニュースを読み、コロナウイルスによるリゾートバイトへの影響を考えてみました。

結論から言うと、中国人観光客が特に多い観光地、日本でコロナウイルスの感染者が確認された千葉、京都周辺の観光地や温泉地は2020年の2~3月、あるいは4月以降もリゾートバイトの求人数が減るかもしれません。

一方で、日本人観光客がメインで中国人観光客が比較的あまり来ない(中国であまり有名ではない)観光地では比較的影響は小さくなる可能性が十分あります。

なお、2020年2月9日時点では東京オリンピックの中止については検討されていませんし、よっぽどのことがなければ中止にならないと素人の僕は思います。理由はIOC(国際オリンピック委員会)は莫大なスポンサー料やテレビの放映権料を簡単に諦めるとは考えにくいからです。

 

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年で、5つの旅館やホテルで働いていました。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

この記事では「コロナウイルスによるリゾートバイトへの影響を考えてみた。観光客が減ると影響ありそう」について書きます。

なお、僕は政治も経済も素人で、コロナウイルスに関してもくわしい知識があるわけでもありません。普通に新聞(読売・日本経済)やネットニュースを読んでいるぐらいです。ですので、僕自身の考えについておかしなことがあっても責任は取りません。

もちろん、ニュースなどを引用する内容は正しく伝えます。

(※この記事の内容は特に明記がなければ2020年2月9日時点での情報です)

2020年2月17日追記

東京、千葉などの首都圏で新型コロナウイルス感染者が増えており、まだ診断を受けていない人や症状が出ていない人を含めて実際には報道されている以上に感染者がいる可能性があります。

リゾートバイトで観光地で働くよりも地元や現在住んでいる場所の方が安全だと思う人はリゾートバイトを始める時期を遅らせたり、現在の契約が切れたらいったん実家などに帰ることを考えてもいいと思います。

【目的別】リゾートバイトのおすすめ派遣会社

僕が確認した限りでは、今のところは各派遣会社の公式HPでコロナウイルスの影響については特に何も書かれていませんし、いつも通りに日本各地に求人があります。

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単で、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。明確な特徴がある派遣会社は以下の3社です。

ビーグッド

ビーグッドは2017年にできた新しい派遣会社で、メールやLINEの返信がめちゃくちゃ早いと評判です。

選べる仕事の数は大手と比べると少ないのですが、その理由はホワイト求人のみを厳選しているからです。

また、100%寮完備で、仕事が決まった時点で100%お祝い金がもらえて、bePoint(ビーポイント)という独自のポイント制度があり、アマゾンギフト券かJTB旅行券がもらえます

#ビーグッド(公式HP)

確実にホワイト企業で働きたい人にピッタリです。特典もリゾバ業界トップレベルです。

ヒューマニック

ヒューマニックは選べる仕事の数が業界で1,2を争います。サポートが丁寧なので初心者向きです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

ただし、他の派遣会社よりも時給が低めなので、1か月以上働く人は効率よく稼ぐことはできません。僕の周りのリゾバ経験者はよく「初心者はサポートをしてもらえるからいいけど、経験者にはメリットがあまりない」と言っていました。

#ヒューマニック(公式HP)

時給が低くても気にしないという初心者や、2週間以内の超短期の人向けです。 

グッドマンサービス

グッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラスです。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という人にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

#グッドマンサービス(公式HP)

1ヶ月以上働く人にめちゃくちゃおすすめ!時給が高いので効率よく稼げます。

 

初めてリゾートバイトをする人も派遣会社を乗り替えたいという人も、上記のどれか1つの派遣会社に登録するといいですよ。「どこがいいか決められない」という人は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできますよ。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

派遣会社のHPは特に変化なし

僕はこのブログを書いていることもあり、大手を中心にリゾートバイトの各派遣会社の公式HPをしょっちゅうチェックしているのですが、僕が見た限りでは今のところコロナウイルスによる求人数などの変化について情報を出している派遣会社はありません。

観光業界に影響は出ているもののホテルや観光地で集団感染はありませんし、営業を停止している施設もないですからね。

また、日本国内で感染者が確認されたのは京都、千葉など一部の地域だけですし、感染した人もすでに回復して退院している人もいます。

観光業では損失が大きいですが、観光客がゼロになるわけではないですし、急に仕事がなくなるわけでもありません。

ですので、2~3月や4月以降にリゾートバイトを始めようと思っている人でももちろん仕事を紹介してもらえるでしょう。

国内・国外の観光客は減っている

リゾートバイトの求人が急激に減るわけではないですが、日本の観光業界に損失が出ていることも事実です。

例えば、中国政府が中国国民に対して海外への団体旅行を禁止した影響もあり、3月までに約40万人の中国人が日本へ旅行を取りやめる可能性があります。

また、香港、シンガポール、アメリカなどではすべての中国人や中国全土からの外国人の入国拒否しているのに対して、日本では湖北省滞在者や居住者のみを入国拒否しており、言ってしまえば「ガードが緩い」です。

そのため、中国以外の国の人たちの中にも「日本に行くとコロナウイルスに感染するリスクが少し高い」とか、あるいは「東アジア全体が危ない」と考えて日本への旅行を中止する人も出てくるかもしれません。

また、日本人でも仕事や重要な用事以外は都市部や観光地、人混みを避ける人もいます。

僕は京都の隣にある滋賀県(びわ湖県)大津市に住んでいるので京都にしょっちゅう行くのですが、京都の大人気観光地である金閣寺や嵐山周辺で「人がいない」と先日ツイッターなどで話題になりました。

これらの観光地は2010年ごろ以降に中国人をはじめとした外国人に特に人気なのですが、京都市内で中国人留学生や観光関連の仕事をしている人がコロナウイルスに感染していることが確認されたため、京都に来る観光客が激減したためです。

リゾートバイトでは京都市内の旅館やホテルにも求人があるのですが、現在京都でリゾートバイトをしている人が出勤日を減らされたり、契約延長をするつもりだったのができなくなってしまっているなど、何かしらの影響があるかもしれません。

リゾートバイトの京都の仕事情報まとめ!祇園、嵐山、四条で働ける

京都のリゾートバイト仕事情報まとめ
リゾートバイトの京都の仕事情報まとめ!祇園、嵐山、四条で働ける【リゾバ】京都のリゾートバイト(リゾバ)の情報をまとめました。祇園、四条、嵐山など市内の有名観光地や繁華街で仕事が多いです。また、通い案件もあります。職種は仲居、フロント、裏方業務など。アルファリゾートという派遣会社が京都の仕事が多い傾向です。...

東京オリンピック中止の予定はなし

2020年は7月から8月にかけて東京オリンピックが開催されるため、箱根温泉(神奈川)や富士山周辺のように比較的東京の近くにあったり、外国人に人気の観光地はオリンピック前後は特にリゾートバイトの仕事が増えると思われます。

なお、今のところは2020東京オリンピックの中止は検討されていません。これから感染がさらに世界的に広がれば中止になる可能性もあるかもしれませんが、よっぽどのことがなければ中止にはならないと僕は勝手に思っています。

ちなみに、オリンピックは夏・冬合わせて今までに5回中止になったことがあり、理由はいずれも戦争です。

しかも、1940年は冬は札幌、夏は東京(※当時は冬と夏のオリンピックを同じ年にしていました)でともに日本で開催される予定でしたが、日中戦争を理由に日本政府が開催権を返上しました。いずれもヨーロッパの都市で代わりに開催される予定でしたが、第二次世界大戦により結局中止になりました。

なお、第二次世界大戦により中止となった1944年以降はオリンピックが中止になったことはありません。

また、戦争以外の理由でオリンピックが中止になったこともないですし、2020東京オリンピックが中止になる可能性は今のところ低いと思われます。

ただし、日本や中国など東アジア内でのコロナウイルスの感染が止まらなければ、外国の一部の選手やオリンピックを観戦予定の旅行者の中には日本に来る予定を取りやめる人も出てくるかもしれません。

日本に訪れる外国人旅行者が極端に減ると、リゾートバイトの求人にも影響が出る可能性もありそうです。

コロナウイルスの影響が少なそうな観光地一覧

中国人観光客の比率が高い観光地では2~3月、あるいはそれ以降も極端に観光客が減り、それに合わせてリゾートバイトの求人が減るかもしれません。リゾートバイトは派遣のアルバイトなので、旅館やホテルが暇になれば仕事が減りますからね。

日本を訪れる中国人が減るだけでなく、日本人の中にも「中国人がいる観光地やホテル・旅館にはいきたくない」と思う人も多いですからね。

一方で、外国人、特に中国人が少なかったり、近くの都市でコロナウイルスの感染者がいない観光地では観光客が減る数が比較的ましになると思います(ただし、2~3月は一時的に減ることがあるかも)。

ですので、これからリゾートバイトを始めたい人や次の派遣先を探している人はコロナウイルスの影響で極端に観光客が減らなさそうなリゾート地を見つけるといいかなと思います。

都道府県別の外国人観光客訪問率のトップ10は以下の通りです。

◆都道府県別の外国人観光客訪問率トップ102018年10月~12月)

大阪:41.9%
東京:40.9%
千葉:33.1%
京都:32.2%
奈良:11.7%
福岡:11.0%
北海道:8.3%
沖縄:7.8%
愛知:7.3%
神奈川:7.0%

(引用元:都道府県別のインバウンド需要。最新のランキングをもとに徹底解説します!)

このランキングはあくまですべての外国人観光客のデータですが、2019年後半以降は外国人観光客のうち中国人が占める比率が約30%で1位であるため、上記の都道府県は中国人に限った訪問率と大差ないという前提で進めます。

上記の10の都道府県を見てみると、千葉が高い理由は成田空港があるからとして、それ以外は東京~大阪の太平洋側(東海道線ルート)の都市に人気が集中しています。これはツアーバスで見どころを周りやすかったり、新幹線で楽に移動できるなどの理由が考えられます。

それ以外では、大阪から日帰りでも訪れられる奈良を除くと、地理的に中国と近くて空港もある大都市の福岡、そして外国人にも大人気の北海道と沖縄です。

また、中国人観光客が行きたい都市ランキングによると、上記以外では山梨、岐阜、長野、神戸がトップ10以内に入っています。これらの都市は大阪の近くにある神戸を除くと太平洋沿いではないですが東京~大阪間にあるため、やはりツアーバスなどで複数の都市や観光地を周るルートが人気っぽいです。

上記の都市周辺でリゾートバイトの求人が多い主な観光地は以下の通りで、いずれも中国人人気です。

◆中国人観光客に人気の主なリゾート地

箱根(神奈川)

飛騨高山(岐阜)

富士山

京都

有馬温泉(兵庫)

湯布院温泉(大分)

別府温泉(大分)

つまり、これら以外の都市や観光地、つまり東北、北陸、中国、四国、九州南部は元々中国人観光客が比較的少ないため、2~3月や春以降にリゾートバイトの求人が極端には減らない(減りにくい)です。

実際に、僕は2015年の4月から9月まで石川の和倉温泉にある大きな旅館で働いていましたが、中国人観光客がほとんどいませんでした。全体の1%もいなかったと思います。

また、三重の長島スパーランド(ナガスパ)は三重県桑名市にあり名古屋が近いですが、同じく外国人のお客さんはかなり少なかったです。

また、日本海側や東北は特に人気の温泉地が多いので、リゾートバイトの仕事がたくさんあります。

ですので、2020年2月以降にリゾートバイトをしたい人で急に仕事がなくなるリスクを減らしたい人は、元々中国人観光客が少ないリゾート地で働くといいと思います。

もちろん、箱根温泉や京都、有馬温泉のように中国人に人気の観光地でも仕事が急にゼロになるわけではないので、働きたいリゾート地がある人は働いても問題ないと思います。むしろ、他に働きたい人が少ないので仕事が決まりやすいこともあるかもしれません。

ホワイト求人のビーグッド、高時給のグッドマン

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単でして、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせるといいですよ。明確な特徴がある派遣会社は以下の3社です。

ビーグッド

ビーグッドは2017年にできた新しい派遣会社で、メールやLINEの返信がめちゃくちゃ早いと評判です。

選べる仕事の数は大手と比べると少ないのですが、その理由はホワイト求人のみを厳選しているからです。

また、100%寮完備で、仕事が決まった時点で100%お祝い金がもらえて、bePoint(ビーポイント)という独自のポイント制度があり、アマゾンギフト券かJTB旅行券がもらえます

#ビーグッド(公式HP)

確実にホワイト企業で働きたい人にピッタリです。特典もリゾバ業界トップレベルです。 

ヒューマニック

ヒューマニックは選べる仕事の数が業界で1,2を争います。サポートが丁寧なので初心者向きです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

ただし、他の派遣会社よりも時給が低めなので、1か月以上働く人は効率よく稼ぐことはできません。僕の周りのリゾバ経験者はよく「初心者はサポートをしてもらえるからいいけど、経験者にははメリットがあまりない」と言っていました。

#ヒューマニック(公式HP)

時給が低くても気にしないという初心者や、2週間以内の超短期の人向けです。 

グッドマンサービス

グッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラス。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という方にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

#グッドマンサービス(公式HP)

時給の高さを重視したい人向けです。効率よく稼ぐことができますよ。

ビーグッドはリスクがなく、特典も多い

時給が低いと損をする

リゾートバイトをやってみるとわかるのですが、1つの旅館・ホテルに複数の派遣会社のリゾバスタッフが働いています。ですので、時給が低い派遣会社で働いていると、全く同じ仕事をしているのに他の人たちよりも時給が200円低いということもあります。

ですので、「他の人たちよりも時給が低いのは損だ」と思う人は時給が高いグッドマンサービスに登録するといいですよ。

一方で、「ブラックな旅館やホテルで働くリスクを取りたくない」という人はホワイト求人に厳選しているビーグッドが合っています。

途中で派遣会社を替えるのは面倒くさい

もちろん、「初めはホワイト求人厳選のビーグッドにして、2回目からは時給が高いグッドマンサービスに替える」ということもできます。ただし、途中で派遣会社を替えるのは想像以上に面倒くさいです。web登録や電話面談を1からやらないといけないですからね。

ですので、各派遣会社のHPをよく見比べたり、登録をする前にメールやLINEで派遣会社に問い合わせをしてから派遣会社を決めるといいですよ。

登録は1社だけでOK

複数登録するなら最初から

初めてリゾートバイトをする人も派遣会社を替えたいという人も、上記のどれか1つの派遣会社に登録するといいですよ。「どこがいいか決められない」という人は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

例えば、↑で説明したように「最初はホワイト求人厳選のビーグッドで、後から時給が高いグッドマンサービスに替えようかなあ」という人は、最初から2~3社に登録した方が効率が良いですよ。

仕事情報は無料で見れる

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできます。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。 派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

まとめ

  • コロナウイルスの影響で中国人観光客が減る(特に2~3月)
  • 中国人観光客に人気なのは東京・神奈川、関西、北海道、沖縄など
  • 中国人観光客が少ない観光地はリゾートバイトの求人が減りにくい
  • 日本海側、東北、中国、四国は中国人観光客が少なめ

以上、「コロナウイルスによるリゾートバイトへの影響を考えてみた。観光客が減ると影響ありそう」について書きました。

「~かもしれません」、「~だと思います」など曖昧な表現だらけになってしまいましたが、素人がいいかげんなことを書くのはよくないので保険を掛けまくりました(笑)。

リゾートバイトの持ち物・必要なものリスト一覧
リゾートバイトの持ち物・必要なものリスト一覧!女性も男性も【何をもって行くのかわからない人も/リゾバ】リゾートバイトの持ち物と必要なものについてリストにまとめました。男性・女性それぞれあります。大きく分けて貴重品、寮で使うもの、仕事で使うもの、暇つぶしグッズの4種類です。服はユニクロで、それ以外のものはAmazonやドラッグストアでまとめて買えます。...
リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...

Atsushi

あわせて読みたい