主要派遣会社の最新情報・キャンペーンはこのページ【2020/02/11更新】
小ネタ・ニュース

長嶋観光開発(長島スパーランド)の従業員による殺人事件について。リゾートバイトは危険・怖いのか考えた

三重県警は11日、勤務先の同僚女性を川に突き落として殺害したとして、同県朝日町の会社員を殺人の疑いで逮捕した。県警は2人に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

2人はナガシマスパーランドなどを運営する長島観光開発(桑名市)で働く同僚。容疑者には妻子がいるが、被害者との交際関係にあったとみられることが捜査関係者への取材で判明。県警は12日、容疑者を送検した。

(同僚女性を川に突き落とし殺害 三重県警、容疑の男逮捕(日本経済新聞)を要約)

2020年2月11日、三重県桑名市の長島スパーランド(ナガスパ)の男性社員が同僚の女性を殺害した容疑で逮捕、送検されました。

僕は2016年8月から2017年1月までマジでナガスパで働いていたので、このニュースをテレビで観てめちゃくちゃ驚きました。

 

ナガスパはかなり大きなテーマパークで、特に夏は巨大スライダー(滑り台)付きのプールもあるためリゾートバイト・住み込みアルバイトの勤務地として大人気です。実際に、僕がナガスパで働いていたときも余裕で100人以上、おそらく200~300人のリゾートバイトスタッフがいました。

ちなみに、僕はナガスパの中にある旅館の調理場で調理補助&皿洗いとして働いていました。

ナガスパは特に夏のリゾートバイト先として大人気ということもあり、このような事件が起きてしまい「ナガスパってやばそう、怖い」とか「リゾートバイトは危険なのかな」と思う人もいるかもしれません。

そこで、僕は「リゾートバイトで殺人事件などの凶悪事件に巻き込まれるリスクが高いのか」、あるいは「リゾートバイトをしている人にとってこの事件の関連・影響はあるのか」について考えてみます。

 

結論から言うと、この事件が起きたからといって、=「リゾートバイトは危険、危ない」、あるいは「ナガスパはヤバい(悪い意味で)」とはならないと言えると僕は思います。

なぜなら、犯人(被疑者)が交際相手である同僚を殺害したのは恐ろしいことですが、それは勤務先とは直接関係がないからです。

変な言い方をしてしまいますが、どの会社に勤めている人でも罪を犯して捕まる可能性はありますよね。ある会社の社員が捕まったからといって、「この会社はヤバい!」という理論は成り立ちません。犯罪をした人自身に問題があります(会社ぐるみの犯罪は当然別です)。

犯人は既婚者で子どももいたのに職場で知り合った被害者と不倫関係にあったと見られてはいますが、だからといって勤務先が悪いとは言えません。奥さんや子どもを裏切るのも個人の問題ですし、罪を犯すのも個人の問題です。

ですので、この事件が起きたからといって「リゾートバイトは危険、危ない」とか「ナガスパはヤバい(悪い意味で)」とはなりません。殺人犯が会社内にいるのに捕まっていなければ怖いですが、犯人はもう自首して逮捕、送検されていますからね。

 

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年で、5つの旅館やホテルで働いていました。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

リゾートバイトというのは日本全国の温泉地やテーマパーク、スキー場などで住み込みで働くアルバイトです。リゾートバイトは寮費・食費・水道光熱費が無料なので、生活するのにお金が全然かかりません。ですので、給料のほとんどすべてを貯金することだってできます。

この記事では「長島スパーランドの従業員による殺人事件について。リゾートバイトは危険・怖いのか考えた」について書きます。

 

リゾートバイトの主要派遣会社の特徴と最新情報は「リゾートバイト(リゾバ)おすすめ派遣会社の最新情報!キャンペーン&仕事の件数」に書いています。

リゾートバイト(リゾバ)おすすめ派遣会社の最新情報!キャンペーン&仕事の件数選べる仕事の数がもっとも多い、時給が安い、超短期(1週間以内)の仕事や少し変わった仕事もある 4月27日(土)通常営業(9:30~18:00迄) 4月28日(日)休業 4月29日(月)休業 4月30日(火)休業 5月1日(水)休業 5月2日(木)通常営業(9:30~18:00迄) 5月3日(金)休業 5月4日(土)通常営業(9:30~18:00迄) ...
リゾートバイトとはわかりやすく説明
リゾートバイトとは?派遣の住み込みアルバイトの仕組み・システムをわかりやすく解説する「リゾートバイト専門ブログ」を運営しているAtsushi(あつし)です。 僕は2014年の9月から2017年8月まで3年間リゾート...

(この記事内では多くの人にわかりやすくするために、被疑者のことを犯人と表現します。)

ナガスパ従業員による同僚の交際相手殺害事件

報道によりますと、被害者の女性は2020年2月8日に溺死の状態で三重県の伊勢湾で発見されました。警察が事件と事故の両面で捜査していたところ、10日午前に犯人が警察に「人を殺しました」と自首したとのことです。

犯人の男性は既婚者で子どももいましたが、被害者の女性とも交際していたと見られており(つまり不倫関係)、何らかのトラブルがあったのではないかということです。

犯人は「殺すつもりだった」と殺意を認めており、殺人容疑で逮捕されました。

ナガスパでリゾバは怖いのか? そうは思わない

ナガスパでは夏だけでも毎年何百人もの人がリゾートバイトをしており、秋~冬でも「なばなの里」という花のイルミネーションがカップルや家族連れに人気なので、事件が起こった時もリアルタイムでリゾートバイトをしている人が多いはずです。実際に、ナガスパの求人がある派遣会社もありますからね。

ナガスパの従業員が同僚の女性を殺害したことについてはめちゃくちゃ怖いと思いますが、だからといって「ナガスパは危ない」あるいは「リゾートバイトは事件に巻き込まれるリスクがある」と言えるのでしょうか。僕はそうは言えないと思います。

なぜなら、事件を起こしたのはあくまで犯人個人の問題であり、会社には問題がないからです。犯人と被害者は職場で出会い、交際関係にあったわけですが、だからといってナガスパが危険とは言えません。

例えば、コンビニの店長とアルバイトがお金のことで揉めて事件が起こったとして、「コンビで働くのはリスクが高い」とか「アルバイトは危険だ」とはならないですよね。

僕は被害者のことを悪く言うつもりはまったくありませんが、どちらかというと「不倫はトラブルに発展する可能性がある」とか「不倫は別れ話でこじれたり、相手の配偶者から恨みを買う」の方が正しいと言えます。

旅館・ホテルで不倫はよくある

僕は3年間のリゾートバイト生活でナガスパを含めて5つの旅館やホテルの厨房やレストランで働いた経験があるのですが、旅館やホテルは職場恋愛がめちゃくちゃ多いですし、社員同士で結婚している人もたくさんいます。

旅館やホテルで職場恋愛が多い理由はいくつか考えられますが、サービス業なので他の業種の人とは休みや生活スタイルが合わないので、職場の人と休みの日に遊んだり、仕事終わりに飲みに行くことが多いということが大きな理由です。

また、サービス業ということもあって男女の比率が半々ぐらいなので出会いが多いことも、職場恋愛が多い理由の一つです。

また、旅館やホテルではマジで不倫も多いです。離職率が高めなので毎年大量の新入社員を採用している会社も多く、40代や50代以上の会社内で偉いおじさんと若い女性が不倫しているのはよくある話です。非常にけしからんです。

部長や料理長クラスの偉い人が社内不倫をしていて、揉めごとを起こしたり奥さんが会社に乗り込んできて大騒ぎしてクビ同然で会社を辞めるという話はよく聞きます。

僕自身はゴタゴタ不倫騒動をリアルタイムで見たことはあまり多くありませんが、「あの人は前に不倫していた」とか「以前いためちゃくちゃ仕事ができる部長が不倫がバレて辞めた」といった話はよく聞きました。

ただし、今回のような大きな事件は僕が知っている限りではさすがに初めてです。

旅館やホテルで短期で働くリゾートバイトスタッフで不倫をした人の話はあまり聞きませんが、不倫をしている人もたまにいるみたいです。

一番怖いこと→犯人は事件後も出勤していた

事件から2~3日に自首

ただし、この事件でガチで怖いことが1つあります。それは、犯人は人を殺した次の日におそらく出勤していたことです。

事件が起こったのは2月7日か8日で、犯人が自首をしたのは10日の午前です。10日は休みだったか、あるいは仕事をサボって自首したと考えられます。

事件が起こったのが7日、あるいは8日の深夜や早朝だとしても犯人は8日~9日はおそらく出勤しています。僕はこれがめちゃくちゃ怖いです。

殺人事件の多くは関係が近い者同士で起こることが多いでしょうから、もちろん他人から強い恨みを買っていなければ他人から殺されることはめったにありません。それでもやはり、人を殺した後にいつも通りに出勤していた人がいたと思うと怖いです。

僕は実際にナガスパで働いた経験もあるので、特に他人事とは思えません。あまり考えないようにします。

それでもナガスパ自体が怖くはならない

犯人が事件の後も2~3日出勤していたことは考えてみると怖いですが、僕はそれでもナガスパでリゾートバイトをすることが怖いとか、リスクが高いとは思いません。

なぜなら、当然ですがナガスパの偉いさんや上司は当然警察ではないので、社内に犯人がいることを知っていたわけではないはずだからです。

ですので、当たり前ですがナガスパが「殺人を犯した人を出勤させ続けた」などと批判されないですし、実際にそんなことを言っている人は1人もいないでしょう。

リゾートバイトは危なくないし、怖くもない

交際(不倫)関係などのトラブルから事件が起こりましたが、だからといって旅館やホテル、テーマパークで働くことが危険だとか怖いというわけではありません。

しいて言うなら、不倫を含めて恋愛、特に別れ話で相手を逆上させることは少し危ないです。

ですので、別にリゾートバイトをしたからといって事件に巻き込まれるリスクが高くなることはありません。もちろん、ナガスパが危ないわけでもありません。

それでも怖い、危険がありそうと思う人はナガスパ以外で働けばいいだけです。リゾートバイトは1年を通して北海道から沖縄まで日本中で仕事がありますからね。

ちなみに、ナガスパは遊園地やレストランの接客・調理、夏のプールの監視員などの募集が多いです。大きな施設でリゾートバイトスタッフは多いときで100~200人はいるので、出会いも多いですよ。

長島スパーランドの短期リゾートバイト情報まとめ!

【2020】長島スパーランドの短期リゾートバイト情報まとめ!【ナガスパ/大学生の夏休み】長島スパーランド(ナガスパ)のリゾートバイト(リゾバ)のまとめです。夏のプールの監視員や遊園地スタッフが人気ですが、秋は冬、春でも働くことができます。職種はさまざまで、時給や残業時間(=給料)は職種によって異なります。寮は個室で、車を持ち込めます。...

まとめ

リゾートバイトをしていて職場で事件や事故が起こる確率は他の仕事と同じくめちゃくちゃ低いです。リゾートバイトをしているからといって事件に巻き込まれるリスクが高まるわけではありませんので、必要以上に警戒する必要はないと僕は思います。

トラブルに巻き込まれないためには仕事でもプライベートでも恋愛を含めて人間関係やお金で他人と揉めごとにならないように気を付けるべきですね。

以上、「長島スパーランドの従業員による殺人事件について。リゾートバイトは危険・怖いのか考えた」について書きました。

 

リゾートバイトの主要派遣会社の特徴と最新情報は「リゾートバイト(リゾバ)おすすめ派遣会社の最新情報!キャンペーン&仕事の件数」に書いています。

リゾートバイト(リゾバ)おすすめ派遣会社の最新情報!キャンペーン&仕事の件数選べる仕事の数がもっとも多い、時給が安い、超短期(1週間以内)の仕事や少し変わった仕事もある 4月27日(土)通常営業(9:30~18:00迄) 4月28日(日)休業 4月29日(月)休業 4月30日(火)休業 5月1日(水)休業 5月2日(木)通常営業(9:30~18:00迄) 5月3日(金)休業 5月4日(土)通常営業(9:30~18:00迄) ...
リゾートバイトの持ち物・必要なものリスト一覧
リゾートバイトの持ち物・必要なものリスト一覧!女性も男性も【何をもって行くのかわからない人も/リゾバ】リゾートバイトの持ち物と必要なものについてリストにまとめました。男性・女性それぞれあります。大きく分けて貴重品、寮で使うもの、仕事で使うもの、暇つぶしグッズの4種類です。服はユニクロで、それ以外のものはAmazonやドラッグストアでまとめて買えます。...
リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...

Atsushi

あわせて読みたい