スマホで英語勉強しようぜ!姉妹ブログ「スマホで英語勉強ブログ」はここをクリック!
体験談

ポツンと一軒家なホテルでアルバイトした経験と生活環境【リゾートバイト/長野】

ポツンと一軒家でリゾートバイト

所ジョージと「今でしょ」の林修先生が司会を務める「ポツンと一軒家」はそのタイトル通りに、近くの町や村から離れた場所にある一軒家で暮らしている人物の暮らしぶりや、そんな場所に暮らしている理由を一般人を紹介する大しておもしろくもない番組です。毎週日曜日の午後8時からテレビ朝日で放送されていますね。

僕はこの番組を2回ぐらい観たことがあります。本当にポツンと一軒家に暮らしている人が紹介されていました。

 

さて、僕は地方の観光地にある旅館やホテルで住み込みで働くリゾートバイト(リゾバ)という派遣のアルバイトを3年間していました。

リゾートバイト生活をしていた3年間で5つの旅館やホテルで働いていたのですが、最後の勤務地となった長野県の白馬という村にあるスキー場&ホテルがまさにポツンと一軒家でした。

 

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年でして、今までに5つの旅館やホテルで働いた経験があります。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

この記事では「ポツンと一軒家なホテルでアルバイトした経験と生活環境」について書きます。

 

リゾートバイトとは地方の観光地や温泉地で働く住み込みの派遣アルバイトです。リゾートバイトはアルバイトとはいえ毎日の食費・寮費・水道光熱費が無料で生活が全然掛からないので、給料のほとんどすべてを貯金することもできます。

リゾートバイトの派遣会社は高時給で効率よく稼げるグッドマンサービス、2週間以内などの短期の仕事が多い業界最大手のヒューマニック、ホワイト求人のみを厳選している#ビーグッドなどがあります。

リゾートバイトとはわかりやすく説明
リゾートバイトとは?派遣の住み込みアルバイトの仕組み・システムをわかりやすく解説する「リゾートバイト専門ブログ」を運営しているAtsushi(あつし)です。 僕は2014年の9月から2017年8月まで3年間リゾート...

白馬のホテルで住み込み

スキー場で有名

僕が2017年1月から8月まで住み込みで働いたポツンと一軒家のホテルは、長野県の白馬にあります。

白馬にはスキー場が10か所あるのですが、僕が働いていたホテルはそのうちの1つを運営していました。そのため、ホテルの目の前がスキー場でした。

白馬はスキー場がめちゃくちゃ有名で人気があり、1998年の長野オリンピックではスキーの会場になりました。スキー・モーグルで4大会連続で冬季オリンピックに出場した上村愛子さんの出身地でもありますね。

白馬の冬は毎日スキー・スノボ客でいっぱいです。そのため、当時の僕のようにリゾートバイトをする人にとっては仕事がたくさんあります。

ほとんどが外国人客

ちなみに、2000年頃からオーストラリア人を中心に外国人のスキー・スノボ客もめちゃくちゃ増えています。

僕が働いていたホテルのお客さんは外国人が比較的少なめでしたが、それでも半分は外国人客でした。多いホテルだと9割以上が外国人で、そのほとんどがオーストラリア人ということもザラにあります。

英語を話したい人におすすめ

ですので、スノボをしたい人だけでなく、英語を話せるように人にも白馬のリゾートバイトは人気です。

そもそも、僕が白馬でリゾートバイトをしようと思ったのも、オーストラリア人が多いのが一番の理由です。僕はリゾートバイトをする前はワーキングホリデー(ワーホリ)でオーストラリアとニュージーランド(NZ)で働いていたのですが、特にオーストラリアが大好きですからね。

寮はホテル&スキー場の目の前

寮は全部で4つ

住み込みで働くリゾートバイトでは寮費が無料です。しかも、正社員も住んでいる寮に入れるため、十分きれいです。特に、女子寮は新しい建物であることが多く、めちゃくちゃきれいです。

派遣先によっては寮と職場が離れている場合もあります。この白馬のホテルは男子寮が2つ、女子寮が1つ、そして男女混合のけしからん寮が1つありました。

ちなみに、男女混合寮に入れる男は正社員のみでした。女は正社員もリゾバスタッフも両方入れます。

寮は職場の目の前

合計4つの寮のうち男子寮の1つと男女混合寮は敷地内にあったので、もちろんホテルもスキー場も目の前でした。僕は運よく敷地内の方の男子寮に入れました。

寮は建物自体はぶっちゃけ古かったですが、部屋はリフォームされていてきれいでした。床はフローリングで、部屋にエアコンと灯油ストーブがありました。雪国ですからね。

リゾバではたいていは個室なのですが、スキー場に限って相部屋が多いです。僕は5つの派遣先でリゾバをしましたが、案の定この白馬のホテルだけが相部屋でした。

2人部屋、4人部屋、6人部屋があり、僕は2人部屋でした。狭い部屋に2段ベッドとテレビ、小さなテーブルがありました。

また、寮の中にはアイスやジュース、お酒が売っている自動販売機もありました。

寮にwifiあり

毎日無料で温泉

寮の設備は十分でした。トイレ、風呂、洗面所はすべて共同です。風呂はぶっちゃけ結構古かったのですが、その代わりにお客さん用のホテル内の温泉に毎日無料で入ることができました。

僕はそれまでは温泉があまり好きではなかったのですが、温泉に入れば短い時間でもやはり体の芯から温まるし、心身ともに疲れが取れて最高でした。

また、仕事仲間と裸の付き合いをしながら話すのも楽しかったです。ほぼ毎日「女の子で誰が可愛いか」を話していました。中学生の修学旅行みたいですね(笑)。

一階部分に従業員食堂

寮の一部分は従業員食堂になっていたので、この寮に住んでいた僕としてはめちゃくちゃ便利でした。朝の出勤前や、仕事が終わって疲れているときに部屋のすぐ近くに食堂があるのは本当に助かりました。

無料wifiあり

リゾートバイトの寮はwifiありの確率がだいたい50%ぐらいです。もちろん、今後さらに増えてくることは確実です。

このホテルの寮は建物は古かったのですが、wifiがついていました。速度はほとんど問題なかったです。経営者や支配人、まじ有能。

1日3食無料

休みの日でも食べられる

リゾートバイトでは毎日の食事が無料です。とはいえ、派遣先によっては出勤しない日は食事が出ないこともあります。でも、この白馬のホテルでは休みの日でも無料の食事が出ました。

リゾートバイトあるあるなのですが、寮の周りにスーパーや飲食店が全然ない派遣先だと休みの日も食事が出る確率がかなり高いです。

とはいえ、食事の待遇は派遣会社によっても変わります。ですので、リゾートバイトをするときは信頼できる大手の派遣会社に登録するといいですよ。

派遣会社のキャンペーン&仕事件数の最新情報」に主要派遣会社の特徴と最新情報をまとめておりますので、合わせてお読みになってください。

お菓子もタバコも買える

食堂にはお菓子やパンも売っていました。コンビニは近くになくて無料のシャトルバスに乗らないと行けなかったので、たまに便利でした。

ちなみに、タバコを吸う人はホテルの売店で買っていました。

シャトルバスでコンビニや町に行ける

1時間1本バスが出る

白馬の中心地は小さな町として十分機能していました。郵便局やコンビニ、居酒屋などが並んでいましたからね。

とはいえ、僕が働いていたホテルはポツンと一軒家だったので、町まで離れていました。そのため、ホテルと寮、最寄りの白馬駅を回る無料のシャトルバスがホテルから出ていました。

ホテルから離れた寮に住んでいる人はこのバスに乗って通勤していました。また、コンビニや居酒屋、ダーツバーに行くときもこのバスが便利でした。

町には居酒屋やバーがたくさん

白馬の中心地まで行くと焼肉屋や居酒屋、バーが何軒もあるのですが、ホテルからはけっこう遠かったです。しかも、遅くなったら帰りのバスがなくなってタクシーで帰らないといけなくなってしまいます。

僕はバスに乗って2回白馬の町の方にご飯を食べに行きました。そのうちの1回は男3人とハーフ美女3人という合コンみたいな組み合わせで楽しかったです。

ホテルの近くに居酒屋とダーツバー

町まで行かなくても、ホテルの比較的近くに家族経営の居酒屋がありました。また、その居酒屋の少し先にはダーツバーもありました。

僕はダーツバーには一度も行きませんでしたが、友達2人を誘って居酒屋には行きました。ここは比較的安いのに、すべての料理がめちゃくちゃうまかったです。僕はちょっと珍しい梅酒のコーラ割りを飲んだのですが、これもおいしかったです。

僕が働いているホテルから近くて、しかもシャトルバスで来れるということもあり、この居酒屋は毎日のように僕と同じホテルで働いている人が飲みに来ていたようです。

特に、毎日午後5時に仕事が終わるリフト係の人は夜が暇なので、よく飲みに行っていました。どこのスキー場でもそうですが、リフト係はパリピ系が多いですからね。

【目的別】リゾートバイトのおすすめ派遣会社

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単で、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。明確な特徴がある派遣会社は以下の3社です。

#ビーグッド:ホワイト求人のみを厳選しています。また、100%寮完備、100%お祝い金がもらえて、独自のポイント制度でアマゾンギフト券かJTB旅行券がもらえるなど、特典がリゾバ業界で最高クラスです。

#ヒューマニック:選べる仕事の数は多いのですが、時給は他の派遣会社よりも低いです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

#グッドマンサービス:時給が業界最高レベルに高く、短期も長期も仕事があります。ですので、効率よく稼げます

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできますよ。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

まとめ

  • ポツンと一軒家のホテルで働くならリゾートバイトがいい
  • 寮が敷地内にあると楽
  • 毎日スキー・スノボ滑り放題
  • バスもあるので生活は快適

以上、「ポツンと一軒家なホテルでリゾートバイトした僕の経験と生活環境」について書きました。

リゾートバイトとはわかりやすく説明
リゾートバイトとは?派遣の住み込みアルバイトの仕組み・システムをわかりやすく解説する「リゾートバイト専門ブログ」を運営しているAtsushi(あつし)です。 僕は2014年の9月から2017年8月まで3年間リゾート...
リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...
リゾートバイトの初日の服装・あいさつ
リゾートバイト初日の服装、挨拶、流れのまとめ!【普段着でOK/リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)の初日の流れやあいさつ、服装をまとめました。家から派遣先に行くまでの流れです。リゾバ先に着いたら挨拶をしましょう。挨拶は名前と「よろしくお願いします」を言っておけばOKです。手土産は特に必要ありません。...

Atsushi

ABOUT ME
Atsushi
Atsushi
大学中退→ワーキングホリデー(AUS2年、NZ1年)→リゾートバイト(3年)→事務に転職→現在自営業。京都市出身。温泉ソムリエ所持。TOEIC900以上が目標(現在785)。◆詳しいプロフィール◆
【緊急事態宣言】リゾートバイト以外のバイトが見つかる求人サイト

採用されたら5,000~10,000円のお祝い金

コロナウイルスの感染が拡大により外国人旅行者が激減し、日本人も外出を自粛しているためリゾートバイトの求人が激減しています。

また、コロナウイルスが収束してもコロナウイルスの影響で景気が悪くなると旅行をする人が増えません。

旅行者が増えない限りはリゾートバイトの求人数はいつになっても増えません。

ですので、リゾートバイト以外でお金を稼ぐ方法を考えるのもいいと思います。

マッハバイトで47都道府県どこでもバイトが見つかる

リゾートバイトは観光地で働く仕事がほとんどですので、コロナウイルスの影響で求人が減りまくっています

ですので、リゾートバイト以外でお金を稼ぐ方法を考えるのもいいと思います。

マッハバイト:リゾートバイトとは比べ物にならないほど求人が多いサイトです。住み込みは少なめですが、47都道府県どこでもアルバイトがあります。

しかも、採用されたら5,000~10,000円のお祝い金が必ずもらえますよ

リゾートバイトじゃなくてもOK」という人なら確実にいい求人が見つかります 

こちらの記事もおすすめ!
no image 体験談

ヒューマニックで沖縄の離島・宮古島でリゾートバイト・住み込みアルバイトをした人の体験談【インタビュー#03①】

1月 23, 2020
リゾートバイト専門ブログ
リゾートバイト(リゾバ)・住み込みアルバイトの勤務先として大人気なのが沖縄です。休みの日にはきれいな海で遊べるので、リゾートバイト=沖縄とい …