主要派遣会社の最新情報・キャンペーンはこのページ【2020/02/11更新】
持ち物

リゾートバイトやワーキングホリデーには傘か折りたたみ傘を持って行こう【リゾバ/ワーホリ】

リゾートバイトに傘か折りたたみ傘を持って行こう

リゾートバイト(リゾバ)をするのなら傘は持って行った方がいいのかな。寮は職場の目の前にあるらしいから、傘はいらないような気もする。

傘を持って行くのなら、大きい傘と折り畳み傘のどっちがいいんだろう。また、日傘も持って行った方がいいのかな。

リゾートバイトに持って行く傘についてくわしく知りたい

こういった疑問に答えます。

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年でして、今までに5つの旅館やホテルで働いた経験があります。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

 

結論から言いますと、リゾートバイトをするのなら傘は持って行くべきです。大きい傘か折りたたみ傘のどちらでも好きな方でOKです。

ちなみに、僕は折り畳み傘が好きではないので大きい傘を持って行っていました。ビニール傘はすぐに盗まれるのでLOFTで2,000円ぐらいの傘を買ったのですが、大きくて丈夫だから今でも気に入って使っています。

また、必要な人は日傘も持って行くといいでしょう。リゾートバイト中は出勤や休みの日の外出、スーパーやコンビニへの買い出しなどで外を歩く機会も多いですからね。

もちろん、ワーキングホリデーで海外に長期間滞在する人も傘は必ず持って行くべきです。持って行く荷物をできるだけ減らしたい人は現地で買うという選択もあります。とはいえ、ワーホリでは長距離移動する機会も多いので、日本で旅行用のコンパクトな折り畳み傘を買って行くのがベストです。

 

この記事では「リゾートバイトやワーキングホリデーには傘か折りたたみ傘を持って行こう」について書きます。

(まずはリゾートバイトについて書いていきますので、ワーホリに持って行く傘について知りたい方は↓の目次で該当する見出しをクリックすることをおすすめします。)

【目的別】リゾートバイトのおすすめ派遣会社

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単で、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。明確な特徴がある派遣会社は以下の3社です。

ビーグッド

ビーグッドは2017年にできた新しい派遣会社で、メールやLINEの返信がめちゃくちゃ早いと評判です。

選べる仕事の数は大手と比べると少ないのですが、その理由はホワイト求人のみを厳選しているからです。

また、100%寮完備で、仕事が決まった時点で100%お祝い金がもらえて、bePoint(ビーポイント)という独自のポイント制度があり、アマゾンギフト券かJTB旅行券がもらえます

#ビーグッド(公式HP)

確実にホワイト企業で働きたい人にピッタリです。特典もリゾバ業界トップレベルです。

ヒューマニック

ヒューマニックは選べる仕事の数が業界で1,2を争います。サポートが丁寧なので初心者向きです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

ただし、他の派遣会社よりも時給が低めなので、1か月以上働く人は効率よく稼ぐことはできません。僕の周りのリゾバ経験者はよく「初心者はサポートをしてもらえるからいいけど、経験者にはメリットがあまりない」と言っていました。

#ヒューマニック(公式HP)

時給が低くても気にしないという初心者や、2週間以内の超短期の人向けです。 

グッドマンサービス

グッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラスです。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という人にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

#グッドマンサービス(公式HP)

1ヶ月以上働く人にめちゃくちゃおすすめ!時給が高いので効率よく稼げます。

 

初めてリゾートバイトをする人も派遣会社を乗り替えたいという人も、上記のどれか1つの派遣会社に登録するといいですよ。「どこがいいか決められない」という人は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできますよ。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

リゾートバイトで傘を使うとき

田舎でリゾートバイトをして毎日寮と職場の往復ばかりという場合であっても、傘が必要な場合が多いです。ですので、傘は必ず持って行きましょう。例外として、1週間以内の超短期でリゾバをする場合のみ傘を持って行かないという選択肢もあります。

寮と職場を往復するとき

リゾートバイトでは派遣先次第では職場となる旅館やホテルの目の前に寮がある場合があります。それでも大雨のときは職場に着くまでにずぶ濡れになってしまいますので、傘は必ず必要です。出勤前に服や髪の毛が濡れるのはよくないですからね。

実際に、僕は長野の白馬にあるホテルで働いていたときはホテルの敷地内にある寮に住んでいましたが、大雨のときに傘を持っていて助かりました。

コンビニや買い物に行くとき

リゾートバイトでは従業員食堂などで毎日無料でご飯を食べられます。とはいえ、派遣先次第では休日は食堂では食べられなくて、自分でコンビニやスーパーでお弁当を買ったり、自炊をしないといけません。

ですので、まったく外に出ずに生活することはできません。ときには雨が降っていてもコンビニまで行かないといけないときもありますので、傘は必ず必要です。

休日に出かけるとき

リゾートバイトでは田舎の観光地や温泉地で働く機会が多いです。とはいえ、電車で1~2駅あればそこそこ発展した街があり、TSUTAYAやユニクロ、ドラッグストアなどに買い物に行く機会もあります。

もちろん、仲良くなった人とカラオケに行ったり、居酒屋に飲みに行く機会もあります。ですので、傘は必要です。

ほんの一例ですが、僕は三重の長島スパーランド(ナガスパ)で働いていたときは電車で20~30分かけて四日市(よっかいち)や名古屋までしょっちゅう遊びに行っていました。詳しくは「長島スパーランドの休日にやること・暇つぶし・過ごし方」に書いていますので、ナガスパなど名古屋周辺でリゾバをしたい人はお読みになってください。

【種類別】リゾートバイトに持って行く傘

大きい傘

折りたたみではなく、ごく普通の傘だと大きいので便利です。僕は折りたたみ傘があまり好きではないので、リゾートバイト生活をしていたときはいつもこのタイプの大きい傘を持って行っていました。

デメリットが1つだけあり、家からリゾバ先まで行くときに荷物が増えて不便です。電車やバス、新幹線の中に忘れるのに注意しないといけませんね。

でも、初日の移動時に乗り物の中に忘れることさえ気をつければ問題ありません。とはいえ、車を持っている人ならリゾバ先に車を持ち込むことができるので、荷物を運ぶのも楽ですね。もちろん、車を持っていない人でも寮に宅配便で送れば初日の移動時でも不便になりません。

ちなみに、車を持っていない人でもリゾバ先から実家に帰るときにレンタカーを借りれば、荷物がたくさんあっても楽に持ち帰ることができます。

リゾートバイトで車を持ち込む
リゾートバイトでは自分の車やバイクを持ち込める!マイカーがあればモテるし便利!【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)では自分の車やバイク、自転車を持ち込むことができます。出勤や休みの日に遊びに行くとき、コンビニなどに買い物に出かけるときに便利です。寮や派遣先の駐車場を無料で借りられます。...

折りたたみ傘

小さくて軽いので、荷物になりません。旅行が好きな人やリゾートバイトが終わったらワーホリや留学で海外に行く人に特におすすめです。

デメリットとしては、傘としては比較的小さいものが多いので濡れやすいことと、使い方が少し面倒くさいことです。僕は折りたたみ傘はあまり好きではないですが、リゾートバイトをする人の間では折りたたみ傘派という人もけっこういますね。

ビニール傘

リゾバ先に傘を持って行かなくても近くのコンビニやドラッグストアで買えるので、あえて傘を持って行かずに現地でビニール傘を買うという選択肢もあります。

とはいえ、僕はビニール傘が大嫌いなので、絶対に買いません。僕がビニール傘が嫌いな理由は以下の通りです。

  1. 値段のわりに質が低い=コスパ最悪
  2. とにかくダサい
  3. パクられやすい

リゾートバイトに限らず、職場や学校でも他人の傘をパクるクズはどこにでもいます。そして、僕の経験上ビニール傘が一番パクられやすい気がしますし、実際に「あるあるネタ」としてもビニール傘はパクられやすいと言われることが多いです。

リゾートバイトでビニール傘をあえて使うメリットしては、リゾバ先でも買えることと、契約が切れて実家や次のリゾバ先に移動するときに捨てられることです。僕はビニール傘は絶対に買いませんが、あえてリゾートバイトであえてビニール傘を使う人もいますね。

日傘

普段から日傘を使っていたり、絶対に日焼けしたくない人は日傘を持って行くのもいいですね。出勤時や休みの日の外出時に使えます。

また、最近では男性でも日傘を使う人が徐々に増えていますので、使いたい人は使うといいですね。

ワーキングホリデーには折りたたみ傘が便利

さて、リゾートバイトではなくワーキングホリデーや留学、世界一周旅行などで海外に行く人は折りたたみ傘が便利です。海外に行けば街によって気候が違いますし、いつ雨が降るかわかりません。折りたたみ傘だと常に持ち歩くこともできるので、便利です。

旅行用だと特に小さくて軽い折りたたみ傘が売っています。僕が大好きなmont-bell(モンベル)などのアウトドアブランドならめちゃくちゃ小さくて軽くて、質が高い傘が売っていますからね(値段は高いものが多いですが)。

また、ワーキングホリデーや長期留学などで1つの都市に長く滞在する場合は折りたたみ傘ではなく、普通の大きい傘を持つという選択肢もあります。とはいえ、わざわざ日本から傘を持って行くのは面倒ですので、現地で買った方がいいです。

もちろん、「いつも使っているお気に入りの傘をどうしても持って行きたい」とか「安くて質がいい日本製の傘を使いたい」という人は日本から持って行くのもOKです。

ホワイト求人のビーグッド、高時給のグッドマン

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単でして、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせるといいですよ。明確な特徴がある派遣会社は以下の3社です。

ビーグッド

ビーグッドは2017年にできた新しい派遣会社で、メールやLINEの返信がめちゃくちゃ早いと評判です。

選べる仕事の数は大手と比べると少ないのですが、その理由はホワイト求人のみを厳選しているからです。

また、100%寮完備で、仕事が決まった時点で100%お祝い金がもらえて、bePoint(ビーポイント)という独自のポイント制度があり、アマゾンギフト券かJTB旅行券がもらえます

#ビーグッド(公式HP)

確実にホワイト企業で働きたい人にピッタリです。特典もリゾバ業界トップレベルです。 

ヒューマニック

ヒューマニックは選べる仕事の数が業界で1,2を争います。サポートが丁寧なので初心者向きです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

ただし、他の派遣会社よりも時給が低めなので、1か月以上働く人は効率よく稼ぐことはできません。僕の周りのリゾバ経験者はよく「初心者はサポートをしてもらえるからいいけど、経験者にははメリットがあまりない」と言っていました。

#ヒューマニック(公式HP)

時給が低くても気にしないという初心者や、2週間以内の超短期の人向けです。 

グッドマンサービス

グッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラス。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という方にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

#グッドマンサービス(公式HP)

時給の高さを重視したい人向けです。効率よく稼ぐことができますよ。

ビーグッドはリスクがなく、特典も多い

時給が低いと損をする

リゾートバイトをやってみるとわかるのですが、1つの旅館・ホテルに複数の派遣会社のリゾバスタッフが働いています。ですので、時給が低い派遣会社で働いていると、全く同じ仕事をしているのに他の人たちよりも時給が200円低いということもあります。

ですので、「他の人たちよりも時給が低いのは損だ」と思う人は時給が高いグッドマンサービスに登録するといいですよ。

一方で、「ブラックな旅館やホテルで働くリスクを取りたくない」という人はホワイト求人に厳選しているビーグッドが合っています。

途中で派遣会社を替えるのは面倒くさい

もちろん、「初めはホワイト求人厳選のビーグッドにして、2回目からは時給が高いグッドマンサービスに替える」ということもできます。ただし、途中で派遣会社を替えるのは想像以上に面倒くさいです。web登録や電話面談を1からやらないといけないですからね。

ですので、各派遣会社のHPをよく見比べたり、登録をする前にメールやLINEで派遣会社に問い合わせをしてから派遣会社を決めるといいですよ。

登録は1社だけでOK

複数登録するなら最初から

初めてリゾートバイトをする人も派遣会社を替えたいという人も、上記のどれか1つの派遣会社に登録するといいですよ。「どこがいいか決められない」という人は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

例えば、↑で説明したように「最初はホワイト求人厳選のビーグッドで、後から時給が高いグッドマンサービスに替えようかなあ」という人は、最初から2~3社に登録した方が効率が良いですよ。

仕事情報は無料で見れる

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできます。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。 派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

まとめ

  • リゾートバイトに傘は必要だから持って行くべき
  • 大きい傘でも折りたたみ傘でもあなたの好きな方でOK
  • ワーホリには折りたたみ傘が便利

以上、「リゾートバイトやワーキングホリデーには傘か折りたたみ傘を持って行こう」について書きました。

リゾートバイトの持ち物・必要なものリスト一覧
リゾートバイトの持ち物・必要なものリスト一覧!女性も男性も【何をもって行くのかわからない人も/リゾバ】リゾートバイトの持ち物と必要なものについてリストにまとめました。男性・女性それぞれあります。大きく分けて貴重品、寮で使うもの、仕事で使うもの、暇つぶしグッズの4種類です。服はユニクロで、それ以外のものはAmazonやドラッグストアでまとめて買えます。...
リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...
リゾートバイトの初日の服装・あいさつ
リゾートバイト初日の服装、挨拶、流れのまとめ!【普段着でOK/リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)の初日の流れやあいさつ、服装をまとめました。家から派遣先に行くまでの流れです。リゾバ先に着いたら挨拶をしましょう。挨拶は名前と「よろしくお願いします」を言っておけばOKです。手土産は特に必要ありません。...

Atsushi

あわせて読みたい