【スキー場の募集も開始】主要派遣会社の最新情報はこのページ【2019/10/04更新】
寮生活

リゾートバイトは喫煙者もできるし、タバコを吸う場所もある【リゾバ/喫煙所】

喫煙者・タバコを吸う人もリゾートバイトができる

リゾートバイト(リゾバ)の面接や登録は喫煙者だと不利になったりするのかな。また、喫煙者だと働けない職種や派遣先はあるのかな。

職場や寮に喫煙所があったり、休憩時間や自由時間にどこでも自由にタバコを吸えるのかな。

リゾートバイトのタバコ事情についてくわしく知りたい。

こういった疑問に答えます。

リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年でして、今までに5つの旅館やホテルで働いた経験があります。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

 

結論から言いますと、喫煙者でももちろん派遣会社に登録できますし、好きな仕事を選べます(1件だけ例外あり)。また、派遣先にもよりますが、職場や寮には必ずと言っていいほど喫煙所がありますので、休憩時間や自由時間に自由にタバコを吸うことができます。

また、長野の山奥にあるスキー場や、三重の長島スパーランド(ナガスパ)で働いていたときは職場にある売店でタバコが売っていました。ですので、かなりの田舎でリゾートバイトをしてもタバコを買うことができます。

この記事では、「リゾートバイトは喫煙者もできるし、タバコを吸う場所もある」について書きます。

喫煙者もリゾートバイトができる

当然ですが、タバコを吸う人でもリゾートバイトの派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらうことができます。面接や電話面接のときに「タバコを吸いますか?」と聞かれることもあるかもしれませんが、タバコを吸うことを理由に不採用になることは99%以上ありません。

なぜなら、あなたの職場となる旅館やホテルの正社員でもタバコを吸う人は必ずと言っていいほどいますからね。実際に、僕が今まで一緒に働いたリゾバスタッフでは男性の30~40%、女性の5~10%ぐらいはタバコを吸っていましたからね。

リゾートバイトのおすすめ派遣会社

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。

ヒューマニック:選べる仕事の数が多いけど、時給は業界最低レベルに低い。1ヶ月以内の短期希望の人向け。

アルファリゾート:時給が高めだけど、3ヶ月以内の仕事は少なめ。長期希望の人向け。

グッドマンサービス:時給は業界最高レベルに高く、短期も長期も仕事が多い。効率よく稼げる。

Web登録はスマホで1分あればできますよ。また、時給や職種などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

喫煙者も好きな仕事が選べる

あなたの希望通りの仕事を選べる

派遣会社に登録すると、「できるだけ稼げる」とか「海の近くで働きたい」などのあなたの希望を担当者に伝えます。その後、派遣会社の担当者があなたの希望に合う仕事をいくつか紹介してくれ、最終的にはあなた自身が行きたい派遣先と職種を選びます。

仕事を選ぶときに「喫煙者NG」などと書かれていることは基本的にありません。ですので、あなたが好きな仕事を選べます。

飲食関係の部署でも喫煙OK

また、調理場やレストランのホール、旅館の仲居といった飲食関係の職種でもほぼ100%喫煙者OKです。実際に、僕は旅館の中番(仲番=なかばん)という調理補助のような仕事をメインにやっていましたが、どこに行っても上司や若手の正社員でタバコを吸う人はいましたからね。

しかも、飲食関係の部署のスタッフ(正社員、リゾバスタッフ)でもご飯休憩のときにタバコを吸うことが認められていましたからね。また、仕事が落ち着いたときに交代でタバコ休憩を取ることもありました。

たった1つの例外!非喫煙者のみOKの仕事

神奈川のパン屋では喫煙者NG

ただし、たった1つだけ例外があります。リゾートバイト業界で最大手の派遣会社であるヒューマニックの「フリーワード検索」機能で「タバコ」と「喫煙」で検索してみたところ、神奈川県の芦ノ湖(あしのこ)にあるパン屋さん&レストランのみ「非喫煙者のみのご案内」と書いていました。

こちらのレストランは旅館やホテル内ではなく、リゾートバイトでは珍しい独立した1軒のレストランのようです。ですので、大型の旅館やホテルよりも比較的従業員が少ない可能性が高いので、このように「非喫煙者のみ」と条件が指定されているように思われます。

旅館やホテルでは従業員の数が多く、いろんな人がいるため「非喫煙者のみ案内」ということはほぼありえません。「旅館やホテルでは喫煙を理由に不採用となることは100%ない」と言い切りたいところですが、念のため「99%ない」と言っておきます。

他の派遣会社、派遣先は喫煙OK

また、時給が高くて人気のアルファリゾートで同じくフリーワード検索機能を使ってみましたが、「タバコ」や「喫煙」で検索に引っかかった仕事情報はありませんでした。

また、同じく時給が高い大手派遣会社であるグッドマンサービスなど他の主要派遣会社ではフリーワード検索機能がないようなので、調べることはできませんでした。

最終的には実際に派遣会社に登録して担当者に聞いてみないとわからないですが、各派遣会社の仕事情報のページで「非喫煙者のみOK」などと書かれていない限りは喫煙者でも働くことができます。

仕事中・休憩時間の喫煙

暇な時間帯にタバコ休憩

当然ですが、あなたが働く派遣先や部署によって働く時間帯や休憩のタイミング、休憩時間の長さなどは異なります。ですので、職場によっては午前、午後でそれぞれ1回ずつタバコ休憩を取ったりします。

僕のようにタバコを吸わない人たちはタバコの代わりにお茶を飲んだり、4~5分ボーッとする休憩時間をもらえる場合もあります。

もちろん、仕事中ではなくご飯休憩の間は時間内であれば自由にタバコを吸えます。

館内、または外に喫煙所がある

旅館やホテルの中にはたいてい従業員専用の喫煙所があるので、タバコ休憩やご飯が食べ終わったときに喫煙所で自由にタバコを吸えます。

また、最近の時代の流れもあり旅館やホテルでは「館内完全禁煙」の職場もたくさんあります。とはいえ、たいていは旅館やホテルのすぐ外に従業員用の喫煙所があります。

隠れて吸う人もいる

仕事に慣れてくると、上司や怖い先輩に隠れて仕事中にこっそりタバコを吸いに行く人もいます(笑)。よくあるのが、トイレに行くフリだったり、ゴミを出しに行くついでに喫煙所でタバコを吸ってくるというやり方です。

他の部署の偉いさんに会うこともあるようですが、とぼけた顔して「お疲れさまです」と言っておけば特に問題ないという人が多いです(笑)。

とはいえ、仕事中に勝手にタバコを吸いに行くことは通常は禁止されているはずです。ですので、職場のルールは守りましょう。そうでないと、あなたの評判が悪くなったり、派遣先の人事部から注意される可能性が高いですからね。

また、タバコを吸った後は衛生面と臭いを消すために必ず石けんで手を洗いましょう。

寮での喫煙

部屋の中は禁煙が多い

リゾートバイトでは田舎の観光地や温泉地で働く機会が多く、通常は派遣先の社員寮に住みます。とはいえ、仕事中以外の休憩時間や休みの日は自由に過ごせます。もちろん、指定された場所であればタバコも自由に据えます。

僕の経験上、半分以上の派遣先では寮の部屋の中は禁煙でした。とはいえ、ほぼ必ず寮の中に喫煙所があるか、部屋の外のみ喫煙OKです。ベランダがある寮だとベランダで吸うのもOKの場合があります。

こっそり部屋で吸う人もいる

後から聞いた話ですが、タバコを吸う人はこっそり部屋で吸っていたという人も多いです。やはり、わざわざ喫煙所まで移動するのが面倒くさいからだと思います。朝起きてすぐに吸いたい人もいるでしょうからね。

とはいえ、寮や職場のルールを守らないと人事部から直接、または派遣会社の担当者を通じてキツく注意される可能性が高いです。最悪の場合、寮のルールを守らずに部屋で喫煙したという理由でクビになる可能性もゼロではありません。

喫煙に限らず、寮や職場のルールやマナーは必ず守りましょう。クビになったり、罰金などの処分を受ければ派遣先や派遣会社の人たちに迷惑がかかってしまいますからね。何より、あなた自身が損をしています。

寝タバコで火事を起こしてクビになった人

寮の火災報知器が大きく響いた

僕は三重県の長島スパーランドでリゾートバイトをしていたときに、同じ部署のTさんという人が寮でボヤ騒ぎを起こしてクビになりました。

ある日寮の火災報知機が鳴りました。すでに仕事に行った人が多く、その時間に寮にいる人はあまり多くいませんでした。僕を含めて寮にいる人は少しザワついたのですが、どこかの部屋が燃えているというようなこともなかったのですぐに落ち着きました。

ぶっちゃけ、僕は「タバコか何かの煙が原因で火災報知機が鳴っただけで、火事ではないんだろうな」と甘く見ていました。

仕事に行ったらすでにクビになっていた

いつも通り午後から出勤すると、ナガスパ内の旅館の調理場で僕と一緒に調理補助や皿洗いの仕事をしているTさんがボヤ騒ぎを起こし、すぐにクビになったことを正社員の調理師の人から聞きました。

寝タバコが原因でふとんにタバコが燃え移り、火が大きくなったようです。畳もすぐに取り替えたらしいので、けっこう大きめのヤバめのボヤ騒ぎだったようです。

ナガスパは直接契約だからすぐにクビにされた

リゾートバイトでは通常派遣契約なので、派遣先で何か問題を起こしてもすぐにはクビにならないはずです。なぜなら、僕たちリゾバスタッフが雇用契約を結んでいるのは派遣先の旅館やホテルではなく、ヒューマニックやグッドマンサービスといった派遣会社だからです。

ですので、このようにボヤ騒ぎなどの問題が起こると本来は派遣先から派遣会社に連絡が行き、派遣会社からクビなどの処分を下されます。

ただし、長島スパーランドでは僕たちリゾバスタッフは長島スパーランドと雇用契約を直接結びます。ですので、このボヤ騒ぎを起こしたTさんのように問題を起こしたりするとすぐにクビを切られる可能性があります。

ちなみに、ヒューマニックの公式HPのナガスパ特集をよく読んだところ、2019年も長島スパーランドのリゾートバイトは直接契約するようです。ただし、仕事を紹介してもらうためにはヒューマニックかダイブ(旧アプリリゾート)に登録する必要があります。

少しややこしいですが、ナガスパリゾバについてくわしくは「【2019】長島スパーランドの短期リゾートバイト情報まとめ!」にまとめております。

まとめ

  • 喫煙者もリゾートバイトができるし、仕事を自由に選べる
  • 1つの例外を除き、すべての仕事は喫煙者もできる
  • 飲食関係の職種でも喫煙者OK
  • 休憩時間や寮での自由時間にタバコを吸う場所がある
  • 田舎の旅館・ホテルでも売店でタバコを買える

以上、「リゾートバイトは喫煙者もできるし、タバコを吸う場所もある」について書きました。

 

なお、初めてリゾートバイトをする人でまだ不安があるという人は以下の記事もぜひお読みになってください。リゾートバイトは年齢制限がないですし、夏休み中などの学生を除くと87%の人が一人で行っています。

実際に、僕もずっと29歳から32歳までの3年間一人でリゾートバイトをしていました。一人だからこそ、他の一人で来ている人と仲良くなりやすいというメリットもありますよ。

リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】 リゾートバイト(リゾバ)をしたいけど、一人で行く勇気がない。人見知りも激しいし、現地で友達ができるか不安だな。 一人でリゾ...
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】 リゾートバイト(リゾバ)をしたいけど、年齢制限はあるのかな。リゾートバイト=10代や20代の学生など若者ばかりというイメージがあ...
リゾートバイト初日の挨拶と服装
リゾートバイト初日の服装、挨拶、流れのまとめ!【普段着でOK/リゾバ】 「リゾートバイトの初日はどういう服装で行けばいいんだろう。派遣先に着いたら最初にどこに行って、誰に会えばいいんだろう。あいさつは...

Atsushi

▼31日間無料トライアル!アニメ、国内・海外ドラマ、映画が見放題▼
▼月額2,760円で50GB使い放題!節約して暇つぶしができる▼