【スキー場の募集も開始】主要派遣会社の最新情報はこのページ【2019/10/04更新】
寮生活

リゾートバイトは洗濯を自分でする!ボタン1つ押すだけでOK【リゾバ】

リゾートバイトでは洗濯は自分でする

初めてリゾートバイト(リゾバ)をするけど、洗濯はどうすればいいんだろう?一人暮らしの経験もないし、洗濯をしたこともない。洗濯のやり方がわからないと恥ずかしいし、不安だなあ。

洗剤以外に何か持って行くものはあるのかな。寮の洗濯機は無料で使えるんだろうか。

リゾートバイトの洗濯についてくわしく知りたい。

こういった疑問に答えます。

リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年でして、今までに5つの旅館やホテルで働いた経験があります。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

 

自分で洗濯をしたことがない人からすると、初めて寮暮らしをして自分で洗濯することに対して不安な人もいるかもしれません。

でも、問題ありません。なぜなら、今の時代は洗濯機は「全自動」という形式のものがほとんどでして、全自動という名の通りボタン1つ押すだけで洗濯ができるからです。マジでめちゃくちゃ簡単です。

実際に、僕は3年間のリゾバ生活で、一人暮らしをしたことがない大学1~2年生や20代の人とたくさん会いましたが、みんな問題なく自分で洗濯をしていましたからね。

僕はリゾートバイトをする前の学生時代から一人暮らしを経験したことがありましたが、初めて洗濯するときでも問題なくできました。世間知らずな僕でもできるんだから、ぶっちゃけ誰でもできますよ。

 

この記事では「リゾートバイトは洗濯を自分でする!ボタン1つ押すだけでOK」について書きます。また、洗濯するときや洗濯物を干すときに便利な物についても紹介します。

リゾートバイトのおすすめ派遣会社

リゾートバイトでは寮によって設備は違いますが、通常は寮に無料で使える洗濯機があります。また、最近の洗濯機の使い方はめちゃくちゃ簡単でして、洗濯機に洗う服と洗剤を入れてボタン1つ押すだけでOKです。

ですので、寮生活や一人暮らしの経験がない人でも気軽にリゾートバイトを始めることができますよ。

 

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単でして、信頼できる大手の派遣会社に登録するだけでOKです。明確な特徴がある大手の派遣会社は以下の3社です。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。

ヒューマニック:選べる仕事の数は多いのですが、時給は業界最低レベルに低いです。「時給は低くてもいい」という初心者に合っています。

アルファリゾート:時給は高めですが、3ヶ月以内の仕事は少ないです。ですので、選べる仕事の条件が限られています。

グッドマンサービス:時給は業界最高レベルに高く、短期も長期も仕事があります。ですので、効率よく稼げます。

Web登録はスマホで1分あればできますよ。また、時給や職種などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

全自動洗濯機の正しい使い方

リゾートバイトの寮に付いている洗濯機はほぼすべて「縦型」と呼ばれるものです。いわゆる一般的な「ザ・洗濯機」を思い浮かべてもらえればOKです。

縦型の全自動洗濯機の使い方はめちゃくちゃ簡単です。

洗濯するときの手順

  1. 洗濯機の電源を入れる
  2. 洗濯機に洗濯物を入れる
  3. コースを選んでスタートボタンを押す
  4. 洗剤を入れる
  5. 洗濯機のフタを閉める
  6. 洗濯が終わったら洗濯物を出す

これだけでOKです。マジでボタン1つ押すだけでできます。少し補足します。

手順は適当でもOK

洗濯の正しい手順は↑の通りです。でも、①~④はぶっちゃけ適当でもOKです(笑)。たとえば、僕は洗濯物を入れて洗剤を適当に入れて、その後で電源を入れることもあります。

とはいえ、できるだけ正しい手順でやった方がいいのは当然ですね。

コースは「標準コース」を選ぶ

全自動洗濯機には「おいそぐ」や「ドライ」などのコースがいくつかあります。寮で着る部屋着や下着、仕事で使うTシャツや靴下などを洗うときは標準コースでOKです。

洗剤は液体かジェルボールがおすすめ

洗濯洗剤には粉タイプ・液体タイプ・ジェルボールタイプの3つがあります。

リゾートバイトの寮生活では液体タイプかジェルボールが合っています。なぜなら、粉タイプは持って帰るときにカバンの中でこぼれる可能性が高いからです。

また、一人暮らしのマンションと違って洗剤を洗濯機のすぐ側に放置することができません。ですので、選択するときに毎回洗濯物と一緒に洗剤も洗濯機まで持って行かないといけません。

粉タイプだと持って行くのが面倒だし、途中でこぼしたらもっと面倒です。ですので、液体かジェルボールがおすすめです。

僕はどちらも使ったことがありますが、ジェルボールが一番楽でした。しかも、余って持って帰るときもカバンの中でこぼれるリスクがゼロですからね。

アリエースのジェルボール型洗剤(Amazon)

洗濯で必要&便利な持ち物

リゾートバイトで洗濯するときに必要な持ち物と、あれば便利な物を紹介します。

◆絶対に必要なもの

・洗剤

・ハンガー

・洗濯ばさみ

 

◆あればめちゃくちゃ便利なもの

・ピンチハンガー

・洗濯かご

・洗濯ネット

 

◆必要な人のみ使うもの

・洗濯ひも

 

・柔軟剤

・洗濯板

乾燥機があるか、ないか

寮によって設備が異なる

当然ですが、リゾートバイトでは寮によって設備が多少異なります。洗濯機が付いていない寮はさすがにありませんが、乾燥機は付いていたり付いていなかったりします。

乾燥機が付いていない寮では、寮の外や屋上に洗濯物を干す場所や物干しざおがもちろんあります。

ちなみに、僕が実際に働いた5つの旅館・ホテルのうち3か所では乾燥機が付いていました。ですので、洗濯ばさみやピンチハンガー、洗濯ひもは必要ありませんでした。

僕の経験上、スキー場や雪国の寮には乾燥機がついている場合が多いです。

担当者に事前に聞いてみる

寮に乾燥機が付いている場合は、洗濯ばさみなど洗濯物を干すための道具は必要ありません。ですので、リゾートバイトに行く前に派遣会社から送られてくる資料を見たり、それでもわからなければ担当者に「乾燥機はありますか」と聞いてみるといいでしょう。

もちろん、できるだけ荷物を少なくして行って、足りないものは現地の100均やスーパー、あるいはアマゾンなどでネットで買うこともできますよ。

「あれば便利な物」はめちゃくちゃ便利

楽に干せる

↑で「あればめちゃくちゃ便利な物」で紹介したピンチハンガー、洗濯かご、洗濯ネットはマジでめちゃくちゃ便利です。

「ないと困るもの」というわけではありませんので、できるだけ節約したいという人は買わなくてもOKです。とはいえ、洗濯するときや洗濯物を干すときにできるだけストレスを感じたくないという人は買うことをおすすめします。

特に、2ヶ月以上リゾートバイトをする人はこれらのグッズがあった方が快適です。安いものなら100均で買えますし、ニトリやホームセンターではコスパのいいものが買えますからね。

女性なら洗濯ネットはほぼ必須

洗濯ネットは女性なら多くの人が使うと思います。特に、下着などを洗うときに使うことが多いようですね。

僕は男ですが、遊びに行くときに着ていくお気に入りのシャツや、猫背を治せるインナーシャツなどを洗うときに洗濯ネットを重宝していました。

寮によって設備が違う

リゾートバイトでは寮によって設備が違います。たいていは全自動洗濯機で、当然無料で使えます。とはいえ、中には「二層式」というややこしい洗濯機だったり、洗濯機を使うのに100~200円ぐらい必要な場合もあります。

二層式洗濯機の場合

二層式の洗濯機というのは1つの洗濯機で「洗い・すすぎ」と「脱水」の2つに別れているもののことです。最近は↑で説明したように、ボタン1つ押すだけで洗い・すすぎ・脱水ができる全自動型が主流ですので、二層式を見ることはほとんどありません。

とはいえ、派遣先次第では寮の洗濯機が二層式という場合もあるかもしれません。

二層式の使い方がわからなければ、派遣先の人事部の人か寮長(寮母)さん、あるいは同じ寮に住んでいる社員や他のリゾバスタッフに使い方を聞いてみるといいですよ。

ちなみに、僕も二層式を使ったこともありません(笑)。

1回100~200円かかる場合

リゾートバイトの寮の洗濯機は普通は無料ですが、派遣先によっては有料で100~200円ぐらいかかる場合もあるかもしれません。

とはいえ、派遣会社の担当者が事前に「こちらの〇〇旅館では洗濯機は有料で、1回100円かかります」などと教えてくれるでしょう。ですので、どうしても有料の洗濯機が嫌な人は他の派遣先を選べばOKです。

とはいえ、1週間に1回ペースで洗濯する人なら1ヶ月400~800円ぐらいしかかかりません。リゾートバイトでは寮費・食費・光熱費が無料なので、ぶっちゃけ他のアルバイトや給料が少ない会社の正社員よりもよっぽど恵まれています。

ですので、時給や人間関係がよさそうな派遣先であれば、有料の洗濯機にあえてガマンするという選択もできます。

館内寮の場合

お客さん用か従業員専用

リゾートバイトでは寮のタイプがいくつかあり、社員寮タイプ、マンションタイプ、シェアハウスタイプ、そして館内寮タイプなどがあります。館内寮というのは、あなたの職場となる旅館やホテルの一室を寮として使わせてもらうことです。

館内寮に住む場合は、使える洗濯機は2パターンあります。

  • お客さん用のコインランドリー(有料)
  • 従業員用の洗濯機

僕は従業員用を使えた

ちなみに、僕は石川の和倉温泉の旅館で働いていたときの寮はこの館内寮タイプでした。僕の場合は現役の客室を使わせてもらうのではなく、以前はツアーの添乗員さんが宿泊されるときに使っていた「(元)添乗員部屋」と呼ばれるものでした。

この旅館では業務用のバカでかい洗濯機を使わせてもらいました。旅館やホテルにはお客さんの部屋のシーツやタオルなどを洗うための洗濯機があるので、それを無料で使わせてもらえました。洗剤は自分で買いました。

コインランドリーは高い

とはいえ、派遣先に到着したときは人事部の人にこの業務用洗濯機を教えてもらっていなかったので、最初の1ヶ月ぐらいは近くのコインランドリーで洗濯していました。一緒に働いていたリゾバ仲間が僕に旅館内の洗濯機の場所を教えてくれました。

寮にはたいてい洗濯機がありますので、近くのコインランドリーまで行かないといけない場合は少ないと思います。

洗濯の頻度と洗濯するもの

4~6日に1回

洗濯する頻度はもちろんあなたの自由です。たいていの人は4~6日に1回ぐらいですが、あなたがどれぐらいの服や下着を持って行くかによっても変わります。中には毎日洗濯する人だっています。

こまめに洗濯するのが面倒なのであれば、仕事で使うインナーのTシャツや靴下、下着を7~8枚ずつ持って行けばOKです。一方で、2~3日に1回洗濯するという人であれば、あまりたくさん服を持って行かなくてもかまいません。

ちなみに、僕は下着や靴下はユニクロで多めに買って行き、洗濯は1週間に1回ぐらいのペースでしていました。

ユニホームの洗濯

職種によってユニホームが違う

リゾートバイトでは職種によって服装が違います。たとえば、フロントやレストランのホールの人は白シャツや黒いズボンは自分で持って行き、制服のベストやジャケットは派遣先から無料で貸してもらったりします。

また、調理補助や洗い場では白衣(コックコート)を貸してもらえて、自分で用意するのはインナーのTシャツだけだったりします。

自分で洗濯してはいけないもの

自分で用意する白シャツやズボン、インナーのTシャツなどは当然自分で洗濯します。一方で、派遣先から貸してもらえるベストやジャケット、白衣などのユニホームは自分で洗濯する場合と、派遣先でまとめてクリーニングに出してもらえる場合の2パターンがあります。

クリーニングに出さないといけないユニホームは自分で洗わないようにしましょう。勝手に洗って、傷んだりボタンが取れたら面倒なことになってしまいますからね。

僕の経験上、洗い場や調理補助で着る白衣や作務衣(さむえ)は自分で洗ってOKですが、ベストやジャケットは自分で洗ってはいけない場合は多いです。

いずれにせよ、派遣先の社員や人事の人が教えてくれるので安心です。

寮の枕やシーツの洗濯

派遣先の規模によって違う

リゾートバイトでは寮で使う布団や枕、シーツなども派遣先から無料で貸してもらえます。シーツや枕カバーの洗濯も仕事のユニホームと同じで、以下の2つのパターンがあります。

  • 自分で洗濯する
  • 派遣先でまとめてクリーニングに出す

僕の経験上、大規模な派遣先はまとめてクリーニングに出す傾向があります。一方で、小規模な旅館やホテルでは自分で洗って自分で干すパターンが多いです。

目安は1週間に1回洗濯

ふとんのシーツや枕カバーは1~2週間に1回ぐらい洗濯する人が多いです。もちろん、これもあなたの自由です。きれい好きな人なら週に2~3回洗濯するという人もいます。

とはいえ、僕たちリゾートバイトスタッフは派遣先にシーツを無料で貸してもらっています。ですので、あまりにも洗濯しすぎないのはよくないですね。汚れやにおいがしみすいてしまいますからね。

シーツの洗濯は面倒くさい

やってみるとわかりますが、シーツを選択して干すのってけっこうめんどうです。ですので、派遣先でまとめてクリーニングに出してくれる寮ならかなりありがたいです。

あるいは、自分で洗濯するパターンでも大きな乾燥機があると助かります。

短期のヒューマニック、時給のグッドマン

派遣会社を選ぶときはあなたの目的や状況に合わせるといいですよ。明確な特徴がある大手の派遣会社は以下の3社です。

ヒューマニック

選べる仕事の数が業界で1番多いです。また、サポートが丁寧なので初心者向きです。

ただし、時給が業界最低レベルに低いので、効率よく稼ぐことはできません。僕の周りの人たちはよく「ヒューマニックは初めはサポートしてくれるけど、後から搾取するだけ」と言っていました。

ヒューマニック

時給が低くても気にしないという初心者向けです。

アルファリゾート

時給が高めです。また、無料でオンライン英会話レッスンを受けることもできます。

ただし、3ヶ月以内の短期の仕事はかなり少ないです(夏休みなど特定の期間は短期の仕事も増えます)。

アルファリゾート 

アルファリゾートでリゾートバイトをすればオンライン英会話レッスンが無料で受けられる!【業界初】アルファリゾートという派遣会社に登録してリゾートバイト(リゾバ)を始めれば、オンライン英会話レッスンが無料で受けられます。 ...

長期で働きたくて、且つ英語を勉強している人に合っています。

グッドマンサービス

仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラス。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という方にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

グッドマンサービス

時給の高さを重視したい人向け。効率よく稼ぐことができますよ。

効率よく稼ぐならグッドマンサービス

時給が低いと損をする

リゾートバイトをやってみるとわかるのですが、どの派遣先で働いてもいろんな派遣会社のリゾバスタッフが働いています。ですので、時給が低い派遣会社で働いていると、全く同じ仕事をしているのに他の人たちよりも時給が200円低いということもあります。

ですので、「他の人たちよりも時給が低いのは損だ」と思う人は時給が高いグッドマンサービスに登録するのがいいですよ。

途中で派遣会社を替えるのは面倒くさい

もちろん、「初めはサポートが丁寧なヒューマニックに登録して、2回目からは時給が高い派遣会社に替える」ということもできます。ただし、途中で派遣会社を替えるのは想像以上に面倒くさいです。web登録や電話面談を1からやらないといけないですからね。

ですので、各派遣会社のHPを見比べたり、登録前に電話やメールで派遣会社に問い合わせをしてから派遣会社を決めるといいですよ。

登録は1社だけでOK

複数登録するなら最初から

初めてリゾートバイトをする方や派遣会社を替えたいという方でも、上記の中から1つ選べば失敗することはまずありません。ただし、「どこがいいか決められない」という方は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

例えば、↑で説明したように「最初はヒューマニックで、後から時給が高いグッドマンサービスかアルファリゾートに替えようかなあ」という人は、最初から2~3社に登録した方が効率が良いですよ。

仕事情報は無料で見れる

Web登録はスマホで1分あればできます。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができますよ。

ですので、興味がある方はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。

まとめ

  • リゾートバイトの寮には洗濯機が必ず付いている
  • 全自動洗濯機はボタン押すだけでOK!マジで誰でもできる
  • 派遣先によって洗濯機や乾燥機の設備は多少異なる
  • 洗濯するものは普段着や仕事着、ユニホームなど
  • 一人暮らしや洗濯未経験でもリゾートバイトはできる

以上、「一人暮らし中でもリゾートバイトはできる!やるべきことと注意点」について書きました。

 

なお、初めてリゾートバイトをする人でまだ不安があるという人は以下の記事もぜひお読みになってください。リゾートバイトは年齢制限がないですし、夏休み中などの学生を除くと87%の人が一人で行っています。

実際に、僕もずっと29歳から32歳までの3年間一人でリゾートバイトをしていました。一人だからこそ、他の一人で来ている人と仲良くなりやすいというメリットもありますよ。

リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】 リゾートバイト(リゾバ)をしたいけど、一人で行く勇気がない。人見知りも激しいし、現地で友達ができるか不安だな。 一人でリゾ...
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】 リゾートバイト(リゾバ)をしたいけど、年齢制限はあるのかな。リゾートバイト=10代や20代の学生など若者ばかりというイメージがあ...
リゾートバイト初日の挨拶と服装
リゾートバイト初日の服装、挨拶、流れのまとめ!【普段着でOK/リゾバ】 「リゾートバイトの初日はどういう服装で行けばいいんだろう。派遣先に着いたら最初にどこに行って、誰に会えばいいんだろう。あいさつは...

Atsushi

▼31日間無料トライアル!アニメ、国内・海外ドラマ、映画が見放題▼
▼月額2,760円で50GB使い放題!節約して暇つぶしができる▼
あわせて読みたい