主要派遣会社の最新情報・キャンペーンはこのページ【2020/01/04更新】
リゾートバイトを始めるまで

リゾートバイトは障害者(障碍者)もできる!けど、事前に確認した方がいい【障がい者/リゾバ)】

(身体、知的、精神、発達いずれかの)障害があってもリゾートバイト(リゾバ)ができるのかな。リゾートバイトにはどういう職種があるんだろう。

リゾートバイトの障害者雇用についてくわしく知りたい。

こういった疑問に答えます。

結論から言いますと、障害者でもリゾートバイトができます。なぜなら、障害者雇用促進法という法律で「障害者だから雇わない」ということは禁止されているからです。

また、障害者雇用促進法では障害者雇用率(法定雇用率)というものがあり、従業員が46人以上いる会社では障害者雇用率を2.2%雇用することが義務付けられています。

実際に、障害者でリゾートバイトをしている人もいます。

僕はツイッターで現役でリゾートバイトをしている多くの人と絡ませてもらっているのですが、「軽度の知的障害がある」とプロフィール欄に書いている人を見たことがあります。その人が働いている職種はホテルや旅館の洗い場(皿洗い)だったようです。

また、僕が石川県の和倉温泉にある旅館で働いていたときに軽度のダウン症候群(いわゆるダウン症)のAさんという人が働いていました。厳密に言うとAさんは僕たちリゾートバイトとスタッフとは違い、地元出身の人で地元の派遣会社を通してアルバイトをしている人でした。

企業はスタッフを採用するときに障害者を差別することは当然できません。ですので、障害があってもなくても、企業が求める能力がある人はもちろんリゾートバイトができます。

 

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年でして、今までに5つの旅館やホテルで働いた経験があります。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

 

僕自身は大学時代にうつ病の症状があり、心療内科に通って抗うつ剤を処方されたことがあります。ただし、僕は今は心療内科には通っていないこともあり、精神疾患や障害者雇用についてくわしく知っているわけではありません。

ですので、僕はこの記事を書くために厚生労働省や、障害者向けの転職サイトを参考にして障害者雇用について調べました。

この記事では「リゾートバイトは障害者(障碍者)もできる!けど、事前に確認した方がいい」について書きます。

(※一般的には「障碍者」や「障がい者」という表記の仕方もありますが、この記事では常用漢字である「障害者」という表記を用います。)

あなたの目的に合わせた派遣会社を選ぶ

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単でして、信頼できる大手の派遣会社に登録するだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。明確な特徴がある大手の派遣会社は以下の3社です。

なお、どの派遣会社の公式HPを見ても障害者の雇用についての記載は見つけることができませんでした。

ヒューマニック

ヒューマニックは選べる仕事の数が業界で1番多いです。また、サポートが丁寧なので初心者向きです。

ただし、時給が業界最低レベルに低いので、効率よく稼ぐことはできません。僕の周りの人たちはよく「ヒューマニックは初めはサポートしてくれるけど、後から搾取するだけ」と言っていました。

ヒューマニック

時給が低くても気にしないという初心者向けです。

アルファリゾート

アルファリゾートは時給が高めです。また、1年以上働いた人(派遣先は変えてもOK)はエグゼタイムという旅行や食品などがもらえる特典があります。

ただし、3ヶ月以内の短期の仕事はかなり少ないです(夏休みなど特定の期間は短期の仕事も増えます)。

アルファリゾート

時給が高めで、特に1年以上働いた人には特典があります。

グッドマンサービス

グッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラス。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という方にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

グッドマンサービス

1ヶ月以上働く人にめちゃくちゃおすすめ!時給が高いので効率よく稼げます。

 

初めてリゾートバイトをする方や派遣会社を乗り替えたいという人でも、上記のどれかの派遣会社に登録しておけば失敗することはまずありません。「どこがいいか決められない」という人は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

Web登録はスマホで1分あればできますよ。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます

ですので、興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。

企業は障害者を差別してはいけない

企業は正社員や派遣社員、アルバイトを採用するときに障害者を差別することは当然できません。なぜなら、障害者雇用促進法という法律で「障害者だから雇わない」ということは禁止されているからです。

また、障害者雇用促進法では障害者雇用率(法定雇用率)というものがあり、従業員が46人以上いる会社では障害者雇用率を2.2%雇用することが義務付けられています。

この法定雇用率を満たしていない企業は不足1人につき50,000円を払わないといけません。このお金を「障害者雇用納付金」といいます。

そして、法定雇用率を満たしていない企業から集めたこの障害者雇用納付金は、調整金や報奨金、助成金として法定雇用率を達成している企業に支給されます。

つまり、「義務を満たしていない企業からお金を集めて、義務を満たしている企業にそのお金を配ろう」ということです。

さらに詳しく知りたい人は障害者雇用のお役立ちサイトであるパーソルラボを参考にしてください。

能力を理由に不採用にすることはできる

↑で説明した通り、企業は障害があることを理由に雇用差別をすることは法律上認められていません。

ただし、障害があるために企業が求める能力を満たすことができない場合は差別とは言えません。

この例が100%正しいのかはわかりませんが、例えば、耳が聞こえない人が接客業でお客さんとコミュニケーションを取れない場合はその職種に必要な能力が満たされていないと判断されるため、採用されなくても差別ではないということだと僕は認識しています。

ただし、企業側が配慮してくれれば企業が求める能力を満たすことができる場合は、障害を理由に不採用とすることはできません。

例えば、僕は知り合いに耳が聞こえない人がいるのですが、その人は事務の仕事をしています。僕は彼女に同僚とどうやってコミュニケーションを取っているのか聞いたことがあるのですが、パソコンのチャットを使ったり紙に文字を書いたりしている(=筆談)ようです。

ちなみに、僕も彼女とコミュニケーションを取るときは紙とペンを使ったり、スマホのメモ機能を使っています。

このように、例えば耳に障害がある人でも事務の仕事ができる人は多いと思います。

リゾバの職種は接客、裏方、事務がある

「リゾートバイト=ホテルや旅館で接客業をする」というイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、実際には接客業以外にも旅館やホテルの皿洗いや部屋の掃除といった裏方業務や、予約や受付の事務の仕事もあります。

ですので、立ち仕事ができない人や苦手な人でも自分に合った仕事を見つけることができます。

ちなみに、僕は接客業が大の苦手なので、リゾートバイト生活をしていたときは中番(仲番=なかばん)という調理補助のような仕事や皿洗いなど裏方業務ばかりしていました。

リゾートバイトの主な職種は以下の通りです。

◆リゾートバイトの主な職種一覧

・カフェ、レストランサービス

・仲居

・フロント、ベル

・ショップ、販売

・予約受付、事務

・調理、調理補助

・客室清掃

・洗い場

・旅館の全般業務

・スキー場のリフト

・マリンスポーツのインストラクター、受付

・プールの監視員

・その他(レア職種)

リゾートバイトでは↑の中からあなたが好きな職種を選ぶことができます。ですので、あなたがやってみたい職種やできる職種を選ぶといいですよ。

障害があってリゾートバイトをしている人たち

軽度の知的障害がある人

僕はツイッターで現役でリゾートバイトをしている人とよく絡ませてもらっているのですが、僕がフォローしている人の中に「軽度の知的障害がある」とプロフィールに書いている人がいます。

現在その人がどこでどのような仕事をしているかは僕は知りませんが、以前は旅館かホテルで皿洗いをしていたようです。

このように、リゾートバイトをしている人の中に障害がある人もいます。

石川の旅館で一緒に働いた軽度のダウン症のAさん

僕が石川の和倉温泉にある旅館で働いていたときにAさんという人がいたのですが、Aさんは軽度のダウン症でした。当時僕は調理補助のような仕事をしていてAさんは皿洗いだったので部署は違ったのですが、僕は仕事中にAさんと話をすることもよくありました。

Aさんは地元出身で地元の派遣会社を通して働いていたので僕たちのように遠くの地方から来て住み込みで働いていたわけではありませんが、Aさんも僕たちリゾートバイトスタッフと同じ旅館で同じように働いていたことは事実です。

障害があるけど本人は気づいていないパターンもある

最近よく「大人のアスペルガー症候群」とか「大人のADHD(注意欠如多動性障害)」という言葉をよく聞きます。

正直に言うと、僕自身はアスペルガー症候群やADHDについて専門的な知識はないのですが、大人のアスペルガー症候群やADHDは本人が障害があると気付かずに日常生活を送っていることも多いとよく言われています。

ですので、もしかすると現在リゾートバイトをしている人の中にも、自分が気付いていないだけで実はアスペルガー症候群やADHDといった障害を持っている人もいるかもしれません。

僕自身も何度も自分で「アスペルガー症候群かも」とか「ADHDかも」と思ったことはありますが、病院に行って診断を受けたことはありません。せいぜいネットで診断テストみたいなものをやってみた程度です。

短期のヒューマニック、時給のグッドマン

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単でして、各派遣会社の公式HPでWeb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときはあなたの目的や状況に合わせるといいですよ。明確な特徴がある大手の派遣会社は以下の3社です。

ヒューマニック

ヒューマニックは選べる仕事の数が業界で1番多いです。また、サポートが丁寧なので初心者向きです。

ただし、時給が業界最低レベルに低いので、効率よく稼ぐことはできません。僕の周りの人たちはよく「ヒューマニックは初めはサポートしてくれるけど、後から搾取するだけ」と言っていました。

ヒューマニック

時給が低くても気にしないという初心者向けです。

アルファリゾート

アルファリゾートは時給が高めです。また、1年以上働いた人(派遣先は変えてもOK)はエグゼタイムという旅行や食品などがもらえる特典があります。

ただし、3ヶ月以内の短期の仕事はかなり少ないです(夏休みなど特定の期間は短期の仕事も増えます)。

アルファリゾート

時給が高めで、特に1年以上働いた人には特典があります。

グッドマンサービス

グッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラス。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という方にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

グッドマンサービス

時給の高さを重視したい人向けです。効率よく稼ぐことができますよ。

効率よく稼ぐならグッドマンサービス

時給が低いと損をする

リゾートバイトをやってみるとわかるのですが、どの派遣先で働いてもいろんな派遣会社のリゾバスタッフが働いています。ですので、時給が低い派遣会社で働いていると、全く同じ仕事をしているのに他の人たちよりも時給が200円低いということもあります。

ですので、「他の人たちよりも時給が低いのは損だ」と思う人は時給が高いグッドマンサービスに登録するのがいいですよ。

途中で派遣会社を替えるのは面倒くさい

もちろん、「初めはサポートが丁寧なヒューマニックに登録して、2回目からは時給が高い派遣会社に替える」ということもできます。ただし、途中で派遣会社を替えるのは想像以上に面倒くさいです。web登録や電話面談を1からやらないといけないですからね。

ですので、各派遣会社のHPを見比べたり、登録前に電話やメールで派遣会社に問い合わせをしてから派遣会社を決めるといいですよ。

登録は1社だけでOK

複数登録するなら最初から

初めてリゾートバイトをする人や派遣会社を替えたいという人でも、上記の中から1つ選べば失敗することはまずありません。ただし、「どこがいいか決められない」という方は複数の派遣会社に登録するのもOKです。

例えば、↑で説明したように「最初はヒューマニックで、後から時給が高いグッドマンサービスかアルファリゾートに替えようかなあ」という人は、最初から2~3社に登録した方が効率が良いですよ。

仕事情報は無料で見れる

Web登録はスマホで1分あればできます。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができますよ。

ですので、興味がある方はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。

まとめ

  • 企業はスタッフを採用するときに障害者を差別してはいけない
  • 障害がある人でも企業が求める能力を満たしていれば採用される
  • リゾートバイトをしている人の中にも障害がある人はいる

以上、「リゾートバイトは障害者もできる!けど、事前に確認した方がいい」について書きました。

リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...

Atsushi

あわせて読みたい