主要派遣会社の最新情報・キャンペーンはこのページ【2020/02/11更新】
持ち物

深夜バスや電車の長時間移動で寝るときは枕&クッションがめっちゃおすすめ【ネックピロー】

旅行や出張などで交通費を節約するために深夜・高速バスを使う人って多いですよね。でも、深夜バスで快適に寝られない人も多いと思います。

「枕がないと寝られない」とか「深夜バスで寝ると首や腰が痛くなる」という方も多いと思います。

でも、バスや電車、あるいは飛行機などで長距離移動用をする人には、「ネックピロー(=首枕)」とも呼ばれている携帯型の旅行用枕がめちゃくちゃおすすめです。

僕は旅行や仕事で国内・国外で深夜バスや特急電車、飛行機などに長時間乗るときはいつもこの携帯まくらを持っています。

携帯型の旅行用枕は質がいいものは4,000円以上とけっこう高めですが、安いものだと1,000円以下でも売っています。もちろん、1,000円以下のものでも十分の機能があります。

ちなみに、僕が愛用しているのは2way型と呼ばれるタイプの枕&クッションです。30秒ほどで形を変えられるものでして、U字型の枕としても長方形のクッションとしても使うことができます。僕はめちゃくちゃ気に入っています。

 

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

僕のリゾートバイト歴は3年でして、今までに5つの旅館やホテルで働いた経験があります。リゾートバイトで働いた経験と貯めたお金をつかい、現在は人生で一度はやってみたかった自営業として働いています。

 

この記事では、「深夜バスや電車の長時間移動で寝るときは枕&クッションがめっちゃおすすめ」について書きます。

特に、これからリゾートバイト(リゾバ)やワーキングホリデーなどで国内・国外を乗り物で長距離移動する機会が増える人に参考になる内容です。

ちなみに、僕が使っているネックピローはこのタイプです。↓

http://2in1ピロー クッションとU型まくらの2WAY マイクロビーズタイプ (Amazon)

 

リゾートバイトとは地方の観光地や温泉地で働く住み込みの派遣アルバイトです。リゾートバイトはアルバイトとはいえ毎日の食費・寮費・水道光熱費が無料で生活が全然掛からないので、給料のほとんどすべてを貯金することもできます。

リゾートバイトの派遣会社は高時給で効率よく稼げるグッドマンサービス、2週間以内などの短期の仕事が多い業界最大手のヒューマニック、ホワイト求人のみを厳選している#ビーグッドなどがあります。

リゾートバイトとはわかりやすく説明
リゾートバイトとは?派遣の住み込みアルバイトの仕組み・システムをわかりやすく解説する「リゾートバイト専門ブログ」を運営しているAtsushi(あつし)です。 僕は2014年の9月から2017年8月まで3年間リゾート...

深夜バスは寝にくい

長距離移動経験は豊富

僕は恥ずかしながら収入が少ないこともあり、遠くに行くときはたいてい深夜バスや高速バスを使います。また、行き先や時間帯によっては特急電車を使います。新幹線はたまに使います。

僕は以前、リゾートバイトという派遣の住み込みアルバイト生活を3年間しており、日本全国の温泉地や観光地の旅館やホテルで働いていました。ですので、関西にある実家から派遣先の長距離移動をするときはよく長距離バスや特急電車を使っていました。

また、僕は大学時代に休学して3ヵ月間東南アジアを陸路で移動したり、ワーキングホリデー(ワーホリ)という制度を使ってオーストラリアで2年、ニュージーランド(NZ)で1年働いていました。

ですので、国内でも国外でも乗り物で長距離移動をした経験は豊富です。

僕は乗り物での長距離移動は大好きでして、移動するために旅行をしていると言っても過言ではありません。そんな移動が大好きな僕でも、バスや電車で寝たりくつろぐことは難しく、腰が痛くなることもあります。

でも、僕が普段愛用している携帯枕&クッションがあれば長距離移動でも十分快適に過ごせます。

2019年は岐阜と関東に行ってきた

2019年は2月にリゾバ飲み会、4月に仕事(YouTube撮影など)と遊びを兼ねて京都から千葉、東京、横浜に行ってきました。

岐阜には電車で、関東には深夜バスで行ってきました。もちろん、そのときも僕が愛用している携帯型の枕&クッションは大活躍でしたよ。これのおかげで、快適な移動ができました。

携帯用枕の特徴

10年以上、旅行などで長距離移動するときに携帯用枕を愛用している僕が、携帯用枕の特徴(メリットとデメリット)を紹介します。

U字型で首にフィットする

携帯用枕は「U字型」と呼ばれる形のものが主流です。ふつうの枕と違い、アルファベットの「U」の字型になっているため、首にピッタリはめることができます。

ですので、枕を首にかけたまま後ろにもたれて寝ることができます。

これさえあれば、飛行機のファーストクラスのようにイスが完全に倒れなくても快適に寝ることができます。

持ち運びに便利

携帯用枕は小さくて軽いため、持ち運びに便利です。カバンのベルトなどに引っかけることができるため、バスや電車に乗ったらすぐに使うことができます。

また、空気で膨らませるタイプのものは使わないときはめちゃくちゃコンパクトに折りたたむこともできるため、全然荷物になりません。少しでも荷物を小さく、軽くしたい人には合っています。

横を向いて寝れない

U字型の携帯用枕は真後ろにもたれて寝るのにはめちゃくちゃ便利ですし、快適です。一方で、横を向いて寝るのには不向きというデメリットもあります。

むりやり横を向いて寝ることもできますが、ぶっちゃけ快適に寝られるとは言えません。

僕は横を向いて寝るのが好きなので、数時間に一回は横を向いて寝ます。ですので、U字型の枕は本来僕に合っていません。

僕のように横を向いて寝ることが好きな人には、「2wayタイプの携帯枕&クッション」がめちゃくちゃおすすめです。こういう感じ↓

http://2in1ピロー クッションとU型まくらの2WAY マイクロビーズタイプ (Amazon)

2wayタイプの携帯用枕の特徴

2wayタイプの携帯用枕の特徴を紹介します。ぶっちゃけデメリットは1つもないので、メリットだけを紹介します。

もちろん、U字型の枕としての機能もありますので、はっきり言って普通のU字型タイプの上位互換です。

クッションとしても使える

2wayタイプの携帯用枕は「2way」の名の通り、枕としてもクッションとしても使えます。形を変えるのは枕⇔クッションと形を変えるのはめちゃくちゃ簡単でして、30秒ほどでできます。

不器用な僕でも簡単に形を変えられるので、誰でもできますよ。

長方形のクッションに形を変えれば、当然腰の後ろにあてて使うこともできます。ですので、寝るときだけでなく起きているときにも使えます。

座りながら本を読んだり、スマホを使うのにピッタリです。

横向きで寝られる

僕が使っているタイプのものはクッションにすると長方形になります。ですので、枕として使うことができます。

長方形の枕なので、横向きで寝ることもできます。また、U字型のように首にあてて普通の枕として使うこともできます。

ただし、クッション型に形を変えると、枕にしては高さがあります。ですので、高い枕が嫌いな人は少し使いにくいと感じるかもしれません。

部屋でも使える

クッション型に形を変えると、当然普通のクッションとして部屋でも使うことができます。実際に、僕はリゾートバイト中の寮の部屋やシェアハウスの自分の部屋でクッションとしても使っていました。

リゾートバイトの寮の部屋に最初からクッションがあることはめったにありません。ですので、この2wayタイプの携帯型枕があればクッションとしても使えるのでめちゃくちゃ便利です。

携帯枕の種類は豊富

僕が愛用している携帯枕はこのタイプです。↓

http://2in1ピロー クッションとU型まくらの2WAY マイクロビーズタイプ (Amazon)

また、アマゾンや楽天で「携帯枕」や「ネックピロー」などで検索すると、高いものからお手ごろな価格のものまでたくさん出てきます。

抱き枕タイプやフード付きタイプ、空気で膨らませるタイプなどいろいろなものがあります。

「携帯枕」の商品一覧(Amazon)

実際に自分の目で商品を見たい方は、LOFTや東急ハンズ、ヨドバシカメラなどの旅行コーナーに行けば売っています。また、空港でも売っていますので、リゾートバイトが終わって留学やワーホリなどで海外に行く直前でも買えますよ。

【目的別】リゾートバイトのおすすめ派遣会社

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単で、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。明確な特徴がある派遣会社は以下の3社です。

#ビーグッド:ホワイト求人のみを厳選しています。また、100%寮完備100%お祝い金がもらえて、独自のポイント制度でアマゾンギフト券かJTB旅行券がもらえるなど、特典がリゾバ業界で最高クラスです。

#ヒューマニック:選べる仕事の数は多いのですが、時給は他の派遣会社よりも低いです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

#グッドマンサービス:時給が業界最高レベルに高く、短期も長期も仕事があります。ですので、効率よく稼げます

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできますよ。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

まとめ

  • 電車やバスの長距離移動には携帯枕がめちゃくちゃ便利
  • 高いもので4,000円以上だが、1,000円以下でも買える
  • 2wayタイプならクッションとしても使えるのでメリットしかない
  • クッションとして部屋でも使えるのでリゾートバイトに最適

以上、「深夜バスや電車の長時間移動で寝るときは枕&クッションがめっちゃおすすめ」について書きました。

リゾートバイトとはわかりやすく説明
リゾートバイトとは?派遣の住み込みアルバイトの仕組み・システムをわかりやすく解説する「リゾートバイト専門ブログ」を運営しているAtsushi(あつし)です。 僕は2014年の9月から2017年8月まで3年間リゾート...
リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...
リゾートバイトの初日の服装・あいさつ
リゾートバイト初日の服装、挨拶、流れのまとめ!【普段着でOK/リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)の初日の流れやあいさつ、服装をまとめました。家から派遣先に行くまでの流れです。リゾバ先に着いたら挨拶をしましょう。挨拶は名前と「よろしくお願いします」を言っておけばOKです。手土産は特に必要ありません。...

Atsushi

あわせて読みたい