体験談

リゾートバイトYouTuber・せりなさんのリゾバ体験談/リゾバ女子【SERI Channel】

リゾバYouTuberせりなさんにインタビュー

YouTubeでリゾートバイト情報や東京・八丈島、北海道・ニセコのスキー場でのvlog(ブイログ=ビデオブログ)を投稿している「リゾバ女子【SERI Channel】」せりなさんにリゾートバイトの体験談をインタビューしました。

せりなさんのYoutubeチャンネル→リゾバ女子【SERI Channel】

せりなさんのプロフィールは以下の通りです。

お名前:せりな

出身地:東京都

リゾバをする前:大学卒業後にワーキングホリデー(ワーホリ)でカナダで働く

リゾバ歴:長野のスキー場、沖永良部島(おきのえらぶじま)/キャバクラ、奄美大島(あまみおおしま)/キャバクラ、八丈島/キャバクラ、ニセコ/

 

「リゾートバイト専門ブログ」のAtsushi(あつし)です。このブログでは、リゾートバイトを始める前からリゾートバイト中の生活や暇つぶしの方法、そしてリゾートバイトを辞めた後のことまで書いています。

この記事では、せりなさんがリゾートバイトを始めたきっかけや過去のリゾバ歴、YouTubeを始めた理由などについてのインタビューをまとめました(インタビューをしたのた2020年12月です)。

なお、「せりなさんの離島のキャバクラでのリゾートバイト体験談」ではせりなさんの離島での生活やキャバクラの体験談についてのインタビュー記事を書いています。ぜひこちらもお読みになってください。

八丈島でダイビング
離島のキャバクラでのリゾートバイト(リゾキャバ)体験談/YouTube「リゾバ女子」せりなさんYouTubeでリゾートバイト情報や東京・八丈島、北海道・ニセコのスキー場でのvlog(ブイログ=ビデオブログ)を投稿している「リゾバ女...

「リゾバ女子」のせりなさんがリゾバを始めるまで

(僕はインタビュー前に改めてせりなさんの全部の動画を観たので、動画を基にインタビューを進めました)

Atsushi:初めてリゾートバイトをしたのは大学2年のときのスキー場ですか?

せりな:そうですね。雪山でスノボがしたくて友達と一緒にノリで応募しました。初めてスノボをしたのは高校3年のときで、大学1年のときは2,3回滑りに行きました。仲のいい友達がスノボをけっこう本気でやっていたので、その友達と一緒にリゾバに申し込みました。

本格的にスノボをするようになったのはそのときからです。

Atsushi:リゾートバイトでスキー場で働けると知ったきっかけは何ですか?

せりな:パソコンで「リゾバ」とかで調べてたら派遣会社の広告が出てきて、そのときに知りました。最初のリゾバは女友達と2人で、1か月半行きました。

大学3年、4年の冬も同じスキー場に働きに行きました。

Atsushi:大学卒業後は何をしていましたか?

せりな:ワーホリでカナダのウィスラーという、スキー場がある町で2シーズン働きました。去年(2019年)の6月に日本に帰ってきて、リゾバで鹿児島の沖永良部島と奄美大島に行きました。

(2019年の)冬は学生時代にリゾバしてた長野のスキー場に行って、今年(2020年)は春に東京の八丈島に行って、冬は今いる北海道のニセコに来ました。

Atsushi:大学卒業してすぐにワーホリで海外に行く、いわゆる「新卒ワーホリ」ですね。

せりな:そうですね。なので、日本で就職したことはないです。

ちなみに、僕は2年間のフリーター生活を経てワーホリビザでオーストラリアとニュージーランドで合計3年働き、日本に戻ってきてから3年間リゾートバイトをしました。

ワーホリはリゾバと同じようなことを海外でするだけなので、僕はちょっとでも海外に興味がある人にはワーホリをおすすめしています。

せりなさんが使った派遣会社

最初に見つけた派遣会社にノリで登録

Atsushi:今までに使ったことのある派遣会社はどこですか?

せりな:大学の3年間だけはグッドマンサービスを使っていました。カナダから帰ってきてからは派遣会社には登録せず、自分で直接バイト先に応募しています(=直接雇用)。

派遣会社の登録とか書類を送るのが面倒くさいと感じてしまいます。派遣会社を使ったほうが寮費や食費が無料、時給が高い、祝い金があるなどのメリットがあることはわかっているのですが、とにかく面倒くさいので登録していないです(笑)。

Atsushi:派遣会社に1回登録したらその後ずっと楽に仕事を探せるので、僕は派遣会社を使うほうが楽だと思うのですが、せりなさんは逆なんですね。

最初にグッドマンサービスを選んだ理由は何ですか?

せりな:初めてだったのでリゾートバイトの派遣会社がいくつもあるなんて知らなかったので、たまたま最初に見つかったグッドマンを選びました。スキー場のアルバイトを探しているときにグッドマンのサイトでいい求人があったので、そのまま登録しました。

Atsushi:最初はそんな感じですよね。僕もたまたま最初に目についた派遣会社(ヒューマニック)がよさげだったので登録しました。

「派遣会社を使ってたときは寮費タダ」

せりな:最初のリゾバ先だったスキー場は寮費がタダになったんですよ、グッドマンを通してたから。派遣会社を通していない人たちは寮費が1か月30,000円かかっていました。

それに、グッドマンを通したら時給も100円高かったです。

Atsushi:派遣会社を通したほうが金銭面でのメリットが大きいとわかっていても、カナダから帰ってきてからはあえて派遣会社を使わなかったんですね。

グッドマンのガチ体験談

Atsushi:ネット上では「グッドマンは時給が高いけど対応が悪い」とか書かれていることが多いのですが、実際にグッドマンサービスでリゾートバイトをしてみて嫌なことはありましたか?(※僕自身はグッドマンを使ったことはないです)

せりな:嫌なことは全然なかったですよ。登録のときに連絡を取ったり、書類を送ったりする(※どこの派遣会社でもだいたい同じ手続きが必要です)のが面倒くさいと思ったぐらいです。正直、私は他の派遣会社を使ったことがないので比べられないのですが、嫌なことはなかったです。

電話やメールの対応もよかったですし、揉めたこともないですし、いい派遣先を紹介してもらえましたから。「使ってよかったな」と思いましたよ。

Atsushi:ツイッターや他の人のリゾバブログだと何かと「グッドマンはよくない」と書かれていますが、当たり前ですが全員が嫌な思いをしているわけではないんですね。

派遣会社を選ぶときは「高い時給で働きたい」、「1週間の超短期で働きたい」、「特典がたくさん欲しい」などの目的別で選びましょう。

リゾートバイトの始め方がよくわかるYouTube動画

リゾートバイトの始め方はせりなさんのチャンネルの「【リゾバ情報】リゾートバイトの始め方」という動画が参考になります。

リゾートバイトの始め方だけでなく、仕事の選び方や派遣会社を使うメリット&デメリット、派遣会社を使わない(=個人で直接応募)メリット&デメリットについても話されています。

グッドマンは時給が高くて人気

せりなさんが学生時代に利用したグッドマンサービスは仲居で時給1,400円の仕事もあり、時給の高さがトップクラスです。ですので、「効率よく稼ぎたい・貯金したい」という人にとって最高です。

また、1ヶ月以内や3ヶ月以内の短期の仕事も比較的多いです。

#グッドマンサービス(公式HP)

効率よく稼ぎたい人にめちゃくちゃおすすめ!時給が高くて人気です。

せいなさんのリゾバ歴

Atsushi:せりなさんの過去のリゾバ歴について教えてもらえますか。

せりな:

◆学生時代

大学2年:長野竜王スキーパーク 2か月

大学3年:長野竜王スキーパーク 3か月

大学3年:長野竜王スキーパーク 2か月

◆カナダワーホリから帰国後(2019~2020年)

沖永良部島(鹿児島) 1か月半

奄美大島(鹿児島) 4か月

長野竜王スキーパーク 3か月

八丈島(東京) 7か月

ニセコ スキー場(北海道)

こんな感じです(2021年冬もニセコで継続中)。

Atsushi:リゾバをするときの勤務地や職種を選ぶときの基準や条件、優先したいことは何ですか?

せりな:自分のやりたいことをする自由な時間があることを優先しています。日中に何かをやりたいことが多いんです。夏の海なら潜りたいし(スキンダイビング=素潜り)、冬ならスノボをしたいですし。

朝から昼まではやりたいことが多いので、夕方から夜に働ける仕事を優先して探します。

あとはインスタでお店の雰囲気を見たり、一緒に働く人の雰囲気がよさそうなところを選びます。リゾバで知り合った友達からの口コミも気にします。「〇〇はよかったよ」とか。

Atsushi:その条件だと沖縄や離島だとキャバクラ、スキー場だと居酒屋が一番合っていますね。派遣会社を通すと居酒屋の仕事はあまり多くないイメージですが、せりなさんは個人で探しているからこそ見つけやすいのかもしれませんね。

便利な持ちもの&必ず持っていくもの

Atsushi:リゾバで必ず持っていくものや持っていくと便利なものについて話しているYouTubeの動画↑を観ました。

◆便利な持ちもの

・ネックピロー(首に巻く枕)

・ヘアアイロン

・ドライヤー

・ダイビングのフィン(足ひれ)

・ダイビングのマスク

まとめるとこんな感じですね。僕もネックピローは必ず持って行って、長距離バスや特急電車で使っています。

せりな:「絶対に持っていかないといけないもの」はあまり多くないです。どこに行っても必要なものは買えますし、私は化粧品とかもこだわりはないですから。

Atsushi:その気持ちは大事ですよね。どんな田舎に行っても人が生活している以上は必要なものは買えますし、今はAmazonや楽天などネットを使えば何でも買えますからね。

リゾバ先での楽しみ

Atsushi:リゾバの目的は貯金田舎生活英語を使って働くなど人それぞれですが、せりなさんのリゾバ先での楽しみは何ですか?

せりな:夏の離島では海で潜ることアクティビティ、あとはやっぱり友達ですね。新しい友達ができて飲みに行ったり、遊びに行ったりなどの出会いを楽しんでいます。恋愛という意味での出会いというよりも、お客さんとか地元の人とか、新しい出会いによって新しいことを知れるのが楽しいです。

Atsushi:僕は旅館やホテルで働く機会が多かったこともあり、リゾバでの出会いは同じリゾバ仲間や社員がメインでした。

せりなさんはリゾバで出会った人とその後も交流することはありますか?

せりな:たくさんありますよ。八丈島に来る観光客は東京の人も多いので、連絡先を交換して東京で会ったこともあります。リゾバのおかげで東京でも会える友達が増えましたね。

(八丈島の綺麗な空や、綺麗な海で素潜りをするせりなさんの動画を観ることができます)

せりなさんのリゾバ後の生活は?

Atsushi:せりなさんは短期で貯金するためではなく、働き方・生活の1つとしてリゾバを選んでいるタイプですよね。いつまでリゾバを続けたいとか、リゾバ後の生活についての計画はありますか?

せりな:30歳ぐらいまでは自分がしたい生活(※リゾバ生活)をするつもりでいます。でも、自分で何か仕事をしたいとはずっと思っているので、「これ」というものが見つかったらリゾバをやめることもあると思います。

でも、今のところは30歳まではこれまで通り夏は海、冬はスキー場の生活を続けようと思っています。

元々は次はワーホリでオーストラリアに行くための貯金のために、カナダから帰国後にリゾバを選びました。でも、今はコロナがあるのでいつ行けるかわからなくなりました。

Atsushi:いつでもダイビングやスノボなどが自由にできるし、好きなタイミングでオーストラリアにも行けるのでリゾバを続けているということですね。

せりな:そうですね。それから、1つの場所にずっといるのが好きじゃなく、いろんなところを移動しながら生活するのが好きというのもあります。就職してしまったら1か所にずっといないといけないですから。

Atsushi:何年以内にオーストラリアに行きたいと考えていますか?

せりな:ワーホリビザが使えるのが30歳までなのでそれまでには行ければいいですが、3年以内に行ければいいなと考えています。

ワーホリの前に外国人が多い観光地で英語の勉強&貯金のためにリゾバをする人もたくさんいます。

YouTubeチャンネル・リゾバ女子【SERI Channel】

YouTubeを始めたきっかけ

Atsushi:せりなさんのYouTubeチャンネル「リゾバ女子【SERI Channel】」について聞いていきます。

YouTubeを始めたきっかけはチャンネルの説明(概要)欄にあるように「八丈島の魅力を伝えるため」ですか?

せりな:そうですね。八丈島がいいと思ったから+リゾートバイトのよさも知ってもらいたいと思って始めました。

前からYouTubeに興味があって、やりたいとは思っていました。カナダで一緒に働いていた友達がウィスラーでの生活やスノボの動画を上げている「MAI&LUNのウィスライフ」がおもしろくて、私もやりたかったんですけどなかなかやるきっかけがありませんでした。

最終的には私もノリで始めました(笑)。

Atsushi:今のところは八丈島の生活のvlogが動画のメインですか?

せりな:vlogとリゾバ情報がメインです。今はコロナでリゾバをする人が減っていると思うので、vlogが多めです。視聴者に観てもらうだけでなく、後から自分で動画を観返して「このときおもしろかったな」とか「八丈島楽しかったし、また行こう」と思える動画を作ろうと心がけています。

リゾバ情報は「この情報を伝えたいな」と思ったときに動画にしています。

1番の人気動画は給与明細公開

せりな:八丈島で働いていたキャバクラの社長がファンキーで、給与明細を公開したのも社長の提案だったんです。「もうすぐ島を出るんだから、(給与明細を)載せちゃいなよ」みたいな感じで。

(※この動画↑はこの記事を書いている2021年3月時点で再生回数が一番多く、3,700回を超えています)

Atsushi:僕のこのブログでもそうなんですけど、やっぱりこれからリゾバをしたい人は給料が気になる人が多いですからね。リアルなリゾバの給料が見れるのはおもしろいですね。

YouTubeの今後の目標

Atsushi:今後はチャンネル登録者数1,000人を突破してからの収益化を達成し、副業にするつもりですか?(※この記事を書いている時点で登録者数363人)

せりな:いずれそうなればいいなとは思いますが、本格的にYouTubeで稼ごうとは思っていないです。好きな動画を上げながら続けていきたいです。

動画を観た人が私に会いに来てくれるようになるのが目標です。私がリゾバでいろんなところに行って、そこでの生活の動画を上げて、それを見て私がいる間に会いに来てほしいです。会いに来てもらえたら、私が近場の観光地や面白い場所を案内もできますから。

Atsushi:それなら十分できると思いますよ。僕はツイッターでリゾバ関連の人と絡ませてもらうこともあるんですけど、近くでリゾバをしている人同士が実際に会うこともあるいたいですからね。

せりな:今は自分が好きな動画を上げながら「こういう人がいる」と知ってもらって、「こういう生活いいな」とか「ここに行ってみたいな」と思ってもらえたらいいな、と思っています。

Atsushi:僕はYouTubeが好きでリゾートバイト関連の動画もしょっちゅうチェックしているんですけど、今YouTubeやツイッターでリゾートバイト界のインフルエンサーみたいな人って特にいないんですよ。

なので、登録者数が500人とか1,000人を超えればリゾバという小さな世界での有名人になれると思いますよ。うまくいけば企業案件とかも来るかもしれないですね。

せりな:そういう風に仕事にもつながったら最高ですね(笑)。

(インタビュー終了)

せりなさんのインスタとYouTubeチャンネル

せりなさんはインスタグラムのDMや動画のコメント欄でリゾバや八丈島についての質問、お問い合わせを受け付けられています。

せりなさんのインスタグラム→@seriynyo

せりなさんのYouTubeチャンネル→リゾバ女子【SERI Channel】

インスタでも八丈島やニセコでの写真や動画を上げられています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Serina SERI Channel (@seriynyo)

 

【目的別】リゾートバイトのおすすめ派遣会社

リゾートバイトの始め方はめちゃくちゃ簡単で、各派遣会社の公式HPでweb登録をしたり、LINEを送るだけでOKです。

派遣会社を選ぶときは働く期間や時給など、あなたの目的や状況に合わせましょう。明確な特徴がある派遣会社は、せりなさんが学生時代につかっていたグッドマンサービスを含めた以下の3社です。

#グッドマンサービス:時給が業界最高レベルに高く、短期も長期も仕事があります。ですので、効率よく稼げます

#アルファリゾート:グッドマンサービスと同じく時給が高めの派遣会社です。ただし、1か月以内などの短期の仕事は少ないというデメリットがあります。

#ヒューマニック:選べる仕事の数は多いのですが、時給は他の派遣会社よりも低いです。また、1~2週間以内の超短期の仕事が多いです。

その他には#ビーグッドという会社もあるのですが、こちらは小規模の派遣会社ということもあり大手と比べると求人数は圧倒的に少ないです。

 

web応募・申し込みはスマホで1~2分あればできますよ。また、時給や職種、「出会いが多い」などの仕事情報はスタッフ登録をしなくても見ることができます。

興味がある人はまずは各派遣会社の公式HPを見てみましょう。派遣会社の登録はもちろん無料ですし、キャンセル料なども一切かかりません。

 

以上、「リゾートバイトYouTuber・せりなさんにリゾートバイト体験談インタビュー」をまとめました。

その他のインタビュー記事は「インタビュー記事一覧」をお読みになってください。

リゾートバイトは一人で行く人が87%
リゾートバイトは一人で行く人が87%だから勇気がなくても安心して行ける【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)は87%の人が一人で行くというデータがありす。初めてリゾバをする人はみんな不安です。行ってしまえば何とかなりますし、同じく1人で来てる人と仲良くなりやすいというメリットがあります。興味がある人はリゾバをしてみるといいですよ。...
リゾートバイトに年齢制限はない!40代、50代、60代も
リゾートバイトに年齢制限はない理由と40代、50代、60代の年齢層が18%もいる最新データ【リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)には年齢制限はないので65歳まで働けます。実際に、リゾバは男性も女性も40代や50代の人も多いですし意外と年齢層は高めです。30代も多いので、20代以下の大学生ばかりではないです。...
リゾートバイトの初日の服装・あいさつ
リゾートバイト初日の服装、挨拶、流れのまとめ!【普段着でOK/リゾバ】リゾートバイト(リゾバ)の初日の流れやあいさつ、服装をまとめました。家から派遣先に行くまでの流れです。リゾバ先に着いたら挨拶をしましょう。挨拶は名前と「よろしくお願いします」を言っておけばOKです。手土産は特に必要ありません。...

Atsushi

ABOUT ME
Atsushi
Atsushi
大学中退→ワーキングホリデー(AUS2年、NZ1年)→リゾートバイト(3年)→事務に転職→現在自営業。京都生まれ、滋賀育ち。温泉ソムリエ所持。TOEIC900以上が目標(現在785)。◆詳しいプロフィール◆ ※現在TOEICの勉強や他のブログなどに時間をつかっているため更新少なめです。恐れ入ります
こちらの記事もおすすめ!
no image 体験談

ヒューマニックで沖縄の離島・宮古島でリゾートバイト・住み込みアルバイトをした人の体験談【インタビュー#03①】

リゾートバイト専門ブログ
リゾートバイト(リゾバ)・住み込みアルバイトの勤務先として大人気なのが沖縄です。休みの日にはきれいな海で遊べるので、リゾートバイト=沖縄とい …